expressExpressを使い始める

備考

Express.jsは、開発者の言葉では、「Node.jsのための、素早く、独創性のある最小限のWebフレームワーク」です。

最小限かつ柔軟性をもって設計されたExpressは、Webアプリケーションおよびモバイルアプリケーションを作成するための一連の機能を提供します。 HTTPメソッドから組み込みのミドルウェアまで、ExpressはNode.js上にWebアプリケーションまたはモバイルアプリケーションを構築するために必要な機能を提供するように設計されています。

Node.jsでアプリケーションを構築したい場合は、Expressを使用するか、Expressの上に構築するかを問わず、vanilla Expressを使用するか、多数のフレームワークを使用するかを問わず、Expressを選択するのが最適です。これらのフレームワークのいくつかはここで見つけることができます

バージョン

ここからのバージョン。

バージョンノート発売日
4.15.3 2017-05-16
4.15.2 2017-03-06
4.15.1 2017-03-05
4.15.0 2017-03-01
4.14.1 2017-01-28
4.14.0 2016年6月16日
4.13.4 2016-01-21
4.13.3 2015-08-02
4.13.2 2015-07-31
4.13.1 2015-07-05
4.13.0 2015-06-20
4.12.4 2015-05-17
4.12.3 2015-03-17
4.12.2 2015-03-02
4.12.1 2015-03-01
4.12.0 2015-02-23
4.11.2 2015-01-20
4.11.1 2015-01-20
4.11.0 2015-01-13
4.10.8 2015-01-13
4.10.7 2015-01-04
4.10.6 2014-12-12
4.10.5 2014年12月10日〜10日
4.10.4 2014-11-24
4.10.3 2014-11-23
4.10.2 2014-11-09
4.10.1 2014-10-28
4.10.0 2014-10-23
4.9.8 2014年10月17日
4.9.7 2014-10-10
4.9.6 2014-10-08
4.9.5 2014-09-24
4.9.4 2014-09-19
4.9.3 2014-09-18
4.9.2 2014-09-17
4.9.1 2014-09-16
4.9.0 2014-09-08
4.8.8 2014-09-04
4.8.7 2014-08-29
4.8.6 2014-08-27
4.8.5 2014-08-18
4.8.4 2014-08-14
4.8.3 2014-08-10
4.8.2 2014-08-07
4.8.1 2014-08-06
4.8.0 2014-08-05
4.7.4 2014-08-04
4.7.3 2014-08-04
4.7.2 2014-07-27
4.7.1 2014-07-26
4.7.0 2014-07-25
4.6.1 2014-07-12
4.6.0 2014-07-11
4.5.1 2014-07-06
4.5.0 2014-07-04
4.4.5 2014-06-26
4.4.4 2014-06-20
4.4.3 2014-06-11
4.4.2 2014-06-09
4.4.1 2014-06-02
4.4.0 2014-05-30
4.3.2 2014-05-28
4.3.1 2014-05-23
4.3.0 2014-05-21
4.2.0 2014-05-11
4.1.2 2014-05-08
4.1.1 2014-04-27
4.1.0 2014-04-24
4.0.0 2014-04-09
3.21.2 ここから 2015-07-31
3.21.1 3.18.6日付 2015-07-05
3.21.0 間違っている 2015-06-18
3.20.3 2015-05-17
3.20.2 2015-03-16
3.20.1 2015-02-28
3.20.0 2015-02-18
3.19.2 2015-02-01
3.19.1 2015-01-20
3.19.0 2015-01-09
3.18.6 2014-12-12
3.18.5 2014-12-11
3.18.4 2014-11-23
3.18.3 2014-11-09
3.18.2 2014-10-28
3.18.1 2014-10-22
3.18.0 2014年10月17日
3.17.8 2014-10-15
3.17.7 2014-10-08
3.17.6 2014-10-02
3.17.5 2014-09-24
3.17.4 2014-09-19
3.17.3 2014-09-18
3.17.2 2014-09-15
3.17.1 2014-09-08
3.17.0 2014-09-08
3.16.10 2014-09-04
3.16.9 2014-08-29
3.16.8 2014-08-27
3.16.7 2014-08-18
3.16.6 2014-08-14
3.16.5 2014-08-11
3.16.4 2014-08-10
3.16.3 2014-08-07
3.16.2 2014-08-07
3.16.1 2014-08-06
3.16.0 2014-08-05
3.15.3 2014-08-04
3.15.2 2014-07-27
3.15.1 2014-07-26
3.15.0 2014-07-22
3.14.0 2014-07-11
3.13.0 2014-07-03
3.12.1 2014-06-26
3.12.0 2014-06-21
3.11.0 2014-06-19
3.10.5 2014-06-11
3.10.4 2014-06-09
3.10.3 2014-06-05
3.10.2 2014-06-03
3.10.1 2014-06-03
3.10.0 2014-06-02
3.9.0 2014-05-30
3.8.1 2014-05-27
3.8.0 2014-05-21
3.7.0 2014-05-18
3.6.0 2014-05-09
3.5.3 2014-05-08
3.5.2 2014-04-24
3.5.1 2014-03-25
3.5.0 2014-03-06
3.4.8 2014-01-13
3.4.7 2013年12月10日
3.4.6 2013-12-01
3.4.5 2013-11-27
3.4.4 2013年10月29日
3.4.3 2013年10月23日
3.4.2 2013年10月18日
3.4.1 2013年10月15日
3.4.0 2013-09-07
3.3.8 2013-09-02
3.3.7 2013-08-28
3.3.6 2013-08-27
3.3.4 2013-07-08
3.3.3 2013-07-04
3.3.2 2013-07-03
3.3.1 2013-06-27
3.3.0 2013-06-27
3.2.6 2013-06-02
3.2.5 2013-05-21
3.2.4 2013-05-09
3.2.3 2013-05-07
3.2.2 2013-05-03
3.2.1 2013-04-29
3.2.0 2013-04-15
3.1.2 2013-04-12
3.1.1 2013-04-01
3.1.0 2013-01-25
3.0.6 2013-01-04
3.0.5 2012-12-19
3.0.4 2012-12-05
3.0.3 2012-11-13
3.0.2 2012-11-08
3.0.1 2012-11-01
3.0.0 2012-10-23
3.0.0rc5 2012-09-18
3.0.0rc4 2012-08-30
3.0.0rc3 2012-08-13
3.0.0rc2 2012-08-03
3.0.0rc1 2012-07-24
3.0.0beta7 2012-07-16
3.0.0ベータ6 2012-07-13
3.0.0ベータ5 2012-07-03
3.0.0beta4 2012-06-25
3.0.0β3 2012-06-15
3.0.0beta2 2012-06-06
3.0.0ベータ1 2012-06-01
3.0.0α5 2012-05-30
3.0.0α4 2012-05-09
3.0.0α3 2012-05-04
3.0.0α2 2012-04-26
3.0.0α1 2012-04-15
2.5.9 2012-04-02
2.5.8 2012-02-08
2.5.7 2012-02-06
2.5.6 2012-01-13
2.5.5 2012-01-08
2.5.4 2012-01-02
2.5.3 2011-12-30
2.5.2 2011年12月10日
2.5.1 2011-11-17
2.5.0 2011-10-24
2.4.7 2011年10月5日
2.4.6 2011-08-22
2.4.5 2011-08-19
2.4.4 2011-08-05
2.4.3 2011-07-14
2.4.2 2011年7月6日
2.4.1 2011年7月6日
2.4.0 2011-06-28
2.3.12 2011-06-22
2.3.11 2011年06月04日
2.3.10 2011-05-27
2.3.9 2011-05-25
2.3.8 2011-05-24
2.3.7 2011-05-23
2.3.6 2011-05-20
2.3.5 2011-05-20
2.3.4 2011-05-08
2.3.3 2011-05-03
2.3.2 2011-04-27
2.3.1 2011-04-26
2.3.0 2011-04-25
2.2.2 2011-04-12
2.2.1 2011-04-04
2.2.0 2011-03-30
2.1.1 2011-03-29
2.1.0 2011-03-24
2.0.0 2011-03-17
2.0.0rc3 2011-03-17
2.0.0rc2 2011-03-17
2.0.0rc 2011-03-14
2.0.0β3 2011-03-09
2.0.0beta2 2011-03-07
2.0.0ベータ 2011-03-03
1.0.8 2011-03-01
1.0.7 2011-02-07
1.0.6 2011-02-07
1.0.5 2011-02-05
1.0.4 2011-02-05
1.0.3 2011年01月13日
1.0.2 2011-01-10
1.0.1 2010-12-29
1.0.0 2010-11-16
1.0.0rc4 2010-10-14
1.0.0rc3 2010-09-20
1.0.0rc2 2010-08-17
1.0.0rc 2010-07-28
1.0.0beta2 2010-07-23
1.0.0ベータ 2010-07-15
0.14.0 2010-06-15
0.13.0 2010-06-01
0.12.0 2010-05-22
0.11.0 2010-05-06
0.10.1 2010-05-03
0.10.0 2010-04-30
0.9.0 2010-04-14
0.8.0 2010-03-19
0.7.6 2010-03-19
0.7.5 2010-03-16
0.7.4 2010-03-16
0.7.3 2010-03-16
0.7.2 2010-03-16
0.7.1 2010-03-16
0.7.0 2010-03-15
0.6.0 2010-03-11
0.5.0 2010-03-10
0.4.0 2010-02-11
0.3.0 2010-02-11
0.2.1 2010-02-05
0.2.0 2010-02-03
0.1.0 2010-02-03
0.0.2 2010-01-10
0.0.1 最初のリリース 2010-01-03

EJSアプリの作成

a@coolbox:~/workspace$ express --ejs my-app
a@coolbox:~/workspace$ cd my-app
a@coolbox:~/workspace/my-app$ npm install
a@coolbox:~/workspace/my-app$ npm start
 

Hello World App、ExpressJS 4とノード> = 4を使用する

序文

あなたは必要がありますnode >= 4express 4 、このプロジェクトのために。 ダウンロードページから最新のnode 配布を入手できます

このチュートリアルを始める前に、実行することによってノードプロジェクトを初期化する必要があります

$ npm init
 

コマンドラインから必要な情報を入力します。 package.json ファイルを編集することにより、いつでも情報を変更できます。

インストール

expressnpm インストールします。

$ npm install --save express
 

Expressをノード・モジュールとしてインストールした後、エントリー・ポイントを作成できます。これはpackage.json と同じディレクトリになければなりません

$ touch app.js
 

ディレクトリの内容

フォルダは、次のディレクトリ構造を持つ必要があります。

<project_root>
 |-> app.js
 |-> node_modules/
 '-> package.json
 

コード

優先エディタでapp.js を開き、次の4つの手順に従って最初のExpressアプリケーションを作成します。

// 1. Import the express library.
import express from 'express';

// 2. Create an Express instance.
const app = express();

// 3. Map a route. Let's map it to "/", so we can visit "[server]/".
app.get('/', function(req, res) {
   res.send('Hello World');
});

// 4. Listen on port 8080
app.listen(8080, function() {
   console.log('Server is running on port 8080...');
});
 

実行

プロジェクトディレクトリから、コマンドを使用してサーバーを実行できます

$ node app.js
 

テキストが表示されるはずです

$ Our Express App Server is listening on 8080...
 

http://localhost:8080/ にアクセスすれば、「He​​llo World!」というテキストが表示されます。

おめでとう、最初のExpressアプリケーションを作成しました!

インストール

Express JSは、 Web ApplicationsAPIs 、およびほとんどあらゆる種類のBackend を使用したノードを開発するためのgotoフレームワークです。

express をインストールexpress には、 npmコマンドを実行するだけです

npm install express --save

そして、あなたは完了です。


新しい高速サーバーを作成して実行するには

app.js ファイルを作成してこのコードを追加する

// require express
var express = require('express');
var app = express();

// when "/" is opened in url, this function will be called.
app.get('/', function (req, res) {
  res.json({ code: 200, message: 'success' });
})

app.listen( 3000, function () {
  console.log('Express server running at http://localhost:3000');
});
 
  • 端末で、 node app.js を実行し、
  • Webブラウザでurl http://localhost:3000 を開き、新しく作成したエクスプレスサーバを確認します。

また、 POST リクエストで送信されたデータを読み込んでユーザセッションを管理したい場合は、ほとんどの場合、 body-parserexpress-sessionexpress と一緒にインストールすることをお勧めします。

Expressジェネレータによるアプリケーションの起動

エクスプレスとすぐに開始するには、使用することができますエクスプレス・ジェネレータあなたのためのアプリケーションのスケルトンを作成します。

まず、npmでグローバルにインストールします。

npm install express-generator -g
 

「許可が拒否されました」というエラーが表示された場合は、このコマンドの前にsudo を置く必要があります。

ジェネレータがインストールされたら、次のように新しいプロジェクトを開始できます:

express my_app
 

上記のコマンドは、 package.json ファイル、 app.js ファイル、およびbinpublicroutesviews ようないくつかのサブフォルダをmy_app というフォルダを作成します。

フォルダに移動し、依存関係をインストールします。

cd first_app
npm install
 

LinuxやMacOSを使用している場合は、次のようにアプリを起動できます:

DEBUG=myapp:* npm start
 

Windowsの場合:

set DEBUG=myapp:* & npm start
 

Webブラウザにhttp:// localhost:3000 /をロードすると、「Welcome to Express」と表示されます。