Looking for express Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for express Keywords? Try Ask4Keywords

expressExpressミドルウェアの作成


構文

  1. 使用するExpressのインスタンスを指定します。これは通常appです
  2. 関数が適用されるHTTPメソッドを定義します。この例では、これはgetです。
  3. 関数が適用されるパスを定義します。この例では、これは'/'です。
  4. functionキーワードで関数として定義する。
  5. 必要なパラメータ:req、res、nextを追加します。 (備考欄の注記を参照)
  6. 関数にいくつかのコードを入れて、あなたが望むことを何でもする

パラメーター

パラメータ詳細
req 要求オブジェクト。
レス応答オブジェクト。
next()ミドルウェア呼び出し。

備考

ミドルウェア機能は、アプリケーションの要求応答サイクルで要求オブジェクト( req )、応答オブジェクト( res )、およびnext()ミドルウェア機能にアクセスする機能です。 next()ミドルウェア関数は、通常、nextという名前の変数で表されます。

ミドルウェア機能は、次のタスクを実行するように設計されています。

  • 任意のコードを実行します。
  • 要求オブジェクトと応答オブジェクトを変更します。 (requestTimeの例を参照してください)
  • 要求応答サイクルを終了します。
  • スタック内の次のミドルウェアを呼び出します。 ( next()ミドルウェアを呼び出す)

注:次の名前を付ける必要はありません。しかし、あなたが何か他のものを使用するなら、誰もあなたが意味することを知ることはなく、あなたは解雇されます。そしてあなたのコードは動作しません。それで、次の名前を付けてください。このルールは、要求および応答オブジェクトに適用されます。 reqとresの代わりに要求と応答を使用する人もいます。それはいいです。それはキーストロークを無駄にするが、うまくいく。

Expressミドルウェアの作成 関連する例