Looking for mysql Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for mysql Keywords? Try Ask4Keywords

MySQLテーブル作成


構文

  • CREATE TABLE table_name(column_name1のdata_type(サイズ)、column_name2のdata_type(サイズ)、column_name3のdata_type(サイズ)、....); //基本的なテーブルの作成

  • CREATE TABLE table_name [存在しない場合](column_name1 data_type(size)、column_name2 data_type(size)、column_name3 data_type(size)、....); //既存のテーブル作成チェック

  • CREATE [TEMPORARY] TABLE table_name [存在しない場合](column_name1 data_type(size)、column_name2 data_type(size)、column_name3 data_type(size)、....); //テンポラリテーブルの作成

  • テーブルを作成するnew_tbl [AS] SELECT * FROM orig_tbl; // SELECTからのテーブルの作成

備考

CREATE TABLEステートメントは、 ENGINE指定で終わる必要があります。

CREATE TABLE table_name ( column_definitions ) ENGINE=engine;

いくつかのオプションがあります:

  • InnoDB :(バージョン5.5.5以降のデフォルト)トランスフォームセーフ(ACID準拠)エンジンです。トランザクションのコミットとロールバック、およびクラッシュリカバリ機能と行レベルのロック機能を備えています。
  • MyISAM :(バージョン5.5.5より前のデフォルト)これは普通の高速エンジンです。トランザクションや外部キーはサポートしていませんが、データウェアハウジングには便利です。
  • Memory :非常に高速な操作のためにすべてのデータをRAMに格納しますが、データベースの再起動時にテーブルの日付が失われます。

より多くのエンジンオプションがここにあります

テーブル作成 関連する例