Perl LanguagePerl言語を使い始める


備考

Perlは言語のラクダです:有用ではありますが、いつも美しいとは限りません。これは、シェル/コマンドプロンプトからperldocコマンドを使ってアクセスできる独自のドキュメントを持っています。また、 perldoc.perl.orgからオンラインで入手できます。

バージョン

バージョンリリースノート発売日
1.000 1987年12月18日
2.000 1988-06-05
3.000 1989-10-18
4.000 1991年3月21日
5.000 1994-10-17
5.001 1995-05-13
5.002 1996-02-29
5.003 1996-06-25
5.004 perl5004delta 1997-05-15
5.005 perl5005delta 1998年7月22日
5.6.0 perl56delta 2000-03-22
5.8.0 perl58delta 2002年7月18日
5.8.8 perl581delta
perl582delta
perl583delta
perl584delta
perl585delta
perl586delta
perl587delta
perl588delta
2006-02-01
5.10.0 perl5100delta 2007年12月18日
5.12.0 perl5120delta 2010-04-12
5.14.0 perl5140デルタ 2011-05-14
5.16.0 perl5160delta 2012-05-20
5.18.0 perl5180delta 2013-05-18
5.20.0 perl5200delta 2014-05-27
5.22.0 perl5220デルタ 2015-06-01
5.24.0 perl5240デルタ 2016-05-09
5.26.0 perl5260デルタ 2017-05-30

Perlを使い始める

Perlはあなたが意味することをしようとします:

print "Hello World\n";
 

2つのトリッキーなビットは、行末のセミコロンと改行(改行)を追加する\n です。あなたが比較的新しいバージョンのperlを持っているなら、 print 代わりにsay を使うsay 、キャリッジリターンを自動的に追加することができます:

5.10.0
use feature 'say';
say "Hello World";
 

say機能はuse v5.10 以上の宣言で自動的に有効になります:

use v5.10;
say "Hello World";
 

コマンドライン-e オプションを使用してperlを使用するのはかなり一般的です。

$ perl -e 'print "Hello World\n"'
Hello World
 

-l オプションを追加すると改行を自動的に印刷することができます:

$ perl -le 'print "Hello World"'
Hello World
 
5.10.0

新しい機能を有効にする場合 、代わりに-E オプションを使用します。

$ perl -E 'say "Hello World"'
Hello World
 

もちろん、スクリプトをファイルに保存することもできます。 -e コマンドラインオプションを削除し、スクリプトのファイル名: perl script.pl を使用するperl script.pl です。 1行より長いプログラムの場合は、いくつかのオプションをオンにすることをおすすめします。

use strict;
use warnings;

print "Hello World\n";
 

コードを少し長くする以外には本当に不利な点はありません。代わりに、厳密なプラグマは潜在的に安全でないコードを使用するのを防ぎ、警告は多くの一般的なエラーを通知します。

行末のセミコロンは、最後の行ではオプションですが、後でコードの最後に追加する場合には便利です。

Perlの実行方法の詳細については、 perlrunを参照するか、コマンドプロンプトでperldoc perlrun と入力してください。 Perlの詳細については、 perlintroを参照するか、コマンドプロンプトでperldoc perlintro と入力してください。気まずいインタラクティブなチュートリアルでは、 Perlを試してみてください