Python Languageリスト内包


前書き

Pythonのリスト内包は、簡潔で構文的な構造です。それらは、リスト内の各要素に関数を適用することによって、他のリストからリストを生成するために利用することができます。次のセクションでは、これらの式の使用方法を説明し、説明します。

構文

  • [x、(1、2、3)] xのリスト理解、[2、3、4]
  • (1、2、3)#のジェネレータ式のxのx + 1は2、3、4
  • [xが(1,2,3)の場合はx%2 == 0の場合はx]フィルタを使用したリストの理解、[2]
  • [x + 1ならx + 1 == 0、xは(1、2、3)でxの場合]#リスト内包
  • [xが0の場合はx + 1、xが0の場合は範囲​​(-3,4)のxはxです。]#ターナリとフィルタリングによるリストの理解
  • {xは(1、2、2、3)でxのために}#は理解を設定し、{1、2、3}
  • {'a':1、 'b':2}(Python 2.7+および{b '、2)}を与える。 3.0+のみ)
  • [10,20]中のyの[1、2]中のxのためのx + y]ネストされたループ[11,21,12,22]
  • [3、4、5]のyのx> 2の場合、[1、2、3のxのxの場合]#ループの1番目の条件のチェック
  • x> 2の場合、[3、4、5]のyの[1、2、3のxのyのxの値]#2番目のループの条件のチェック
  • [xがx%2の場合xrange x(x)== 0]#ループされた数値が奇数の場合にチェックされる条件

備考

内包表記は、特定の言語固有のデータ構造や表現を定義する構文構造です。理解の適切な使用は、これらを容易に理解される表現に再解釈する。式として、次のように使用できます。

  • 課題の右側に
  • 関数呼び出しの引数として
  • ラムダ関数の本体で
  • スタンドアロンのステートメントとして。 (例: [print(x) for x in range(10)]

リスト内包 関連する例