Looking for sharepoint Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for sharepoint Keywords? Try Ask4Keywords

sharepointJavaScriptを使用したモーダルダイアログボックスの操作


構文

  • var options = SP.UI. $ create_DialogOptions();

  • var modalDialog = SP.UI.ModalDialog.showModalDialog(options);

パラメーター

optionsプロパティ説明
タイトルダイアログのタイトルを含む文字列
URL ダイアログに表示されるページのURLを含む文字列。 urlまたはhtmlのいずれかを指定する必要があります。 urlhtmlよりも優先されます。
html ダイアログ内に表示するHTML要素。
バツダイアログのxオフセットを整数値として表します。
y ダイアログのyオフセットを整数値として表します。
ダイアログの幅を整数値として表します。指定されていない場合、 自動サイズfalseの場合、幅は768pxに設定されます。
高さダイアログの高さを整数値で表します。指定されていない場合、 自動サイズfalseの場合、高さは576pxに設定されます
allowMaximize [ 最大化 ]ボタンを表示するかどうかを指定するブール値。
showMaximized ダイアログが最大化するかどうかを指定するブール値。
ショークローズダイアログに閉じるボタンを表示するかどうかを指定するブール値。
autoSize ダイアログプラットフォームがダイアログサイジングを自動的に処理するかどうかを指定するブール値。
dialogReturnValueCallback リターンコールバック関数を指定する関数ポインタ。タイプSP.UI.DialogResult列挙のdialogResult、およびダイアログによって返されたすべてのデータが含まれているのReturnValueオブジェクト:関数は2つのパラメータを取ります。
args ダイアログに渡されるデータを含むオブジェクトです。

備考

SP.UI.ModalDialog名前空間は、SharePoint 2010を使用してJavaScriptオブジェクトモデルに導入されました。その後のSharePointバージョン2013、Office365、および2016で使用できます。

その他の参考資料:

JavaScriptを使用したモーダルダイアログボックスの操作 関連する例