websphere-libertywebsphere-libertyを使い始める


備考

このセクションでは、websphere-libertyの概要と、開発者がそれを使いたい理由について概説します。

websphere-liberty内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 websphere-libertyのドキュメンテーションは新しいものなので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

インストールとセットアップ

ダウンロード:
WebSphere Libertyをセットアップするには、 WASdev.netから最新のzipをダウンロードしてください


レイアウト:
zipを作成したら、ファイルシステム上の任意の場所に展開します。 Libertyインストールの基本的なレイアウトは次のとおりです。

wlp/                # WLP_INSTALL_DIR
  bin/              # location of scripts such as 'server'
  dev/              # developer resources (APIs, SPIs, and tools)
  etc/              # global customizations (server.env or jvm.options)
  lib/              # platform runtime environment
  usr/              # user directory
    servers/        # servers directory
      server_name   # directory containing all information for a given server
        server.xml  # (required) primary server configuration file
        apps/       # server applications folder
        dropins/    # server dropin applications folder
        logs/       # server log files
 

詳細なレイアウト情報: ディレクトリの場所とプロパティ


サーバーの作成、開始、および停止:

アクションコマンド
サーバーを作成する server create myServer
サーバーを起動する server start myServer
サーバーを停止する server stop myServer

注: server スクリプトは、次の場所にあります。 $WLP_INSTALL_DIR/bin/server