Looking for xcode Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for xcode Keywords? Try Ask4Keywords

XcodeXcodeを使い始める


備考

Xcodeロゴ

Xcodeは、macOS、iOS、watchOS、およびtvOS用のネイティブアプリの開発をサポートするmacOS用の統合開発環境です。 Xcodeは、NeXTのProject BuilderとPBXの後継製品です。 (実際には、Xcodeのプロジェクトマニフェストファイルは.pbxproj拡張子で名前が付けられています。)

Xcodeのリリースには、安定版のclang C / C ++ / Obj-Cコンパイラ、 Swiftコンパイラ、 LLDBデバッガ、iOS / watchOS / tvOSシミュレータが含まれています。 Xcodeには、 Interface Builder 、3Dモデルやシーン、画像アセットなどを表示および編集するためのツールも含まれています。

バージョン

バージョン発売日
1.0 2003-09-28
2.0 2005-04-04
3.0 2007年10月26日
4.0 2011-03-14
5.0 2013-09-18
6.0 2014-09-17
7.0 2015-09-16
7.1.1 2015-11-09
7.2 2015-12-08
7.2.1 2016-02-03
7.3 2016-03-21
7.3.1 2016-05-03
8.0 2016-09-13
8.1 2016-10-27
8.2 2016-12-12
8.2.1 2016年12月19日
8.3 2017-03-27
8.3.1 2017-04-06
8.3.2 2017-04-18
8.3.3 2017-06-05

配色を変更する

多くの開発者は、IDEのフォント、テキスト、および背景色をカスタマイズすることを好みます。 Xcodeでこれを行うには、アプリの設定パネルを開くか、[XCODE] - > [環境設定]に移動するか、[⌘]キーを押します。

プリファレンスへのアクセス

環境設定パネルを開き、[フォントと色]タブをクリックします。

色とフォントの編集

ここから、ソースとコンソールの背景とフォントの色を変更することができます。 Xcodeには、あらかじめ用意されている色とフォントのスキームが多数用意されています。あなたは左のリスト(Basic、Chalkboardなど)から選択します。もっとオンラインで見つけてダウンロードすることができます(例えばここのように)。

テーマをさらにカスタマイズするには、右ペインに表示されているタイプ(プレーンテキスト、コメント、ドキュメントマークアップなど)をカスタマイズできます。たとえば、自分のコードに「Numbers」が表示されたかったとします。だから私はフォントを 'American Typewriter'に24 pxで色を緑色に変え、線のハイライトを赤にします:

大胆な数字、よろしく!

今私のテキストの編集で、私は本当に私の数字を見ることができます:

クールな色のアクション!

「Source Editor」と「Console」のルック&フィールをあなたの心に喜ばせるようにカスタマイズできます!

プロのヒント

多くの開発者は、IDSの暗い(明るいテキスト、暗い背景)をテーマにしています。 Xcodeでは、これは「ソースエディタ」と「コンソール」に対してのみ行うことができます。ただし、ナビゲーション(左側)、デバッグ(下)、およびユーティリティ(右端)セクションはカスタマイズできません。これには2つの回避策があります。まず、(IDEのライトをテーマにしたままにして(明るい背景、暗いテキスト)、画面の色をすべて反転させることです。これですべてが暗くなりますが、シミュレータとシステムの残りの部分で色が変わってしまいます。 2番目の回避策は、使用していないときにナビゲーション、デバッグ、およびユーティリティ領域を非表示にすることです。次のコマンドを使用して、これらの領域をすばやく切り替えることができます。

ナビゲータ:⌘0

デバッグ領域:⇧⌘Y

ユーティリティ:⌘⌘0

開始する

Xcodeの複数のバージョンを使用する

Xcodeの複数のバージョンを同時にインストールすることができます(ベータ版を含む)。 Finderでアプリケーションの名前を変更するだけで、競合を避けることができます。

FinderでXcodeの名前を変更する

注意: App StoreからXcodeをインストールすると、マシンの既存のバージョンが上書きされる傾向があります。 直接ダウンロードしてXcodeをインストールして、使用しているバージョンをより詳細に管理することもできます。

Xcodeの各コピーには、コマンドラインツール( clangxcodebuild など)が含まれています。 /usr/bin あるコマンドでどのコマンドを呼び出すかを選択できます。

Xcodeの環境設定の[場所]タブで、Xcodeのバージョンを選択します。

場所の設定

あるいは、 xcode-select を使ってコマンドラインからバージョンを管理することもできxcode-select

# Print the currently selected version
$ xcode-select --print-path
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer

$ clang --version
Apple LLVM version 7.3.0 (clang-703.0.29)
Target: x86_64-apple-darwin15.4.0
Thread model: posix
InstalledDir: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin

# Find all installed versions using Spotlight
$ mdfind 'kMDItemCFBundleIdentifier = "com.apple.dt.Xcode"'
/Applications/Xcode.app
/Applications/Xcode72.app

# Check their version numbers
$ mdfind 'kMDItemCFBundleIdentifier = "com.apple.dt.Xcode"' | xargs mdls -name kMDItemVersion
kMDItemVersion = "7.3"
kMDItemVersion = "7.2.1"

# Switch to a different version
$ sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode72.app

$ clang --version
Apple LLVM version 7.0.2 (clang-700.1.81)
Target: x86_64-apple-darwin15.4.0
Thread model: posix