asp-classicasp-classicを使い始める


備考

クラシックASPまたはASPクラシックとも呼ばれるActive Server Pages(ASP)は、動的に生成されるWebページ用のMicrosoftの最初のサーバー側スクリプトエンジンでした。 ASP.NETの導入により、元のテクノロジには従来のASPという用語が使用されていました。

ASPの既定のサーバー側スクリプト言語はVBScriptです。生成されたページはブラウザで表示されるため、通常はHTMLマークアップとCSSスタイルを使用します。

1これらのバージョンのIISでは、ASPは既定でインストールされません。サーバーマネージャの機能に入り、ASPを追加する必要があります。
IIS 7.0以降で既定でインストールされない従来のASPを参照してください。

バージョン

IIS ASP 解放された
3.0 1.0 1996-12-01
4.0 2.0 1997-09-01
5.0 3.0 2000-11-01
6.0 3.0 2003-01-01
7.0 3.0 1 2008-01-01
7.5 3.0 1 2009-01-01
8.0 3.0 1 2012-01-01

こんにちは世界

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <title>Example Page</title>
  </head>
  <body>
<%
  'This is where the ASP code begins
  'ASP will generate the HTML that is passed to the browser
  'A single quote denotes a comment, so these lines are not executed
  'Since this will be HTML, we included the html and body tags
  'for Classic ASP we use Response.Write() to output our text
  'like this
  
  Response.Write ("Hello world")
  
  'Now we will end the ASP block and close our body and html tags
%>
  </body>
</html>
 

応答がサーバーからブラウザーに送信されると、出力は次のようになります。

<!doctype html>
<html>
  <head>
    <title>Example Page</title>
  </head>
  <body>
 Hello world
  </body>
</html>
 

単純なASPページの構造

<%@ Language="VBScript" CodePage = 65001 %>
<%
Option Explicit
Response.Charset = "UTF-8"
Response.CodePage = 65001
%>
<!doctype html>
<html>
  <head>
    <title>My First Classic ASP Page</title>
  </head>

  <body>
    <%="Hello World"%>
  </body>
</html>
 

これは、ブラウザに "Hello World"というフレーズを残りの標準HTMLとともに返すClassic ASPページの非常に基本的な例です。 HTMLの部分は静的です。つまり、サーバーはそのままブラウザに送信します。 <% %> %% <% %> 区切られた部分は、サーバーがクライアントに送る前に実際に処理する部分です。

<%="stuff"%> 構文は<%Response.Write "stuff"%> 省略形です。