blenderブレンダーを使い始める


備考

Blenderは無料のオープンソースの3次元モデリング、ゲームビルディング、レンダリングソフトウェアです。 BlenderはCとC ++で書かれています。さらに、BlenderはPythonスクリプトで拡張することができます。 2003年以降のすべての以前のバージョンのソースコードは、すべてhttp://download.blender.org/source/にあります。

"こんにちは世界" (アドオン)

# not all of this is required, but just here for reference
bl_info = {
    "name": "Hello World",                          # name of the add-on
    "author": "Blender developer",                  # name of the author
    "version": (1, 0),                              # version number for the add-on
    "blender": (2, 78, 0),                          # version of Blender the add-on is compatible with
    "location": "Space > Hello World",              # where the user can find the add-on
    "description": "Greets something",              # add-on description
    "warning": "Beta version",                      # whatever the user needs to be warned about
    "wiki_url": "",                                 # documentation link
    "category": "Development",                      # add-on category
    }

# the blender python module
import bpy
# this is just for convenience - could just use as bpy.props.StringProperty, but there are normally lots of properties
from bpy.props import StringProperty


class HelloWorld(bpy.types.Operator):
    """Says hello to the world."""       # python docstring 
    bl_idname = "greetings.hello_world"  # this will be callable with bpy.ops.greetings.hello_world()
    bl_label = "Hello World"             # the user-friendly name for this operator (e.g., in a button)
    bl_options = {'REGISTER', 'UNDO'}    # 'UNDO' is only here for reference (you can't actually take back what you say)

    name = StringProperty(
            name="name",
            default="world",
            description="Who to say hello to",
            )

    def execute(self, context):
        # Note: The execute method is called when the user clicks on the operator or calls it from python.

        message = "Hello, " + self.name + "!"
        
        # print to console
        print(message)
        
        # show a popup that automatically goes away (in info area's header)
        self.report({'INFO'}, message)
        
        # show a popup under the cursor that doesn't go away automatically
        self.report({'ERROR'}, message)

        # generally return {'FINISHED'} or {'CANCELLED'} at the end of the execute method
        return {'FINISHED'}


# this is automatically called when the add-on is enabled
def register():
    # simply register the class
    bpy.utils.register_class(HelloWorld)
    

# this is automatically called when the add-on is disabled
def unregister():
    # simply unregister the class
    bpy.utils.unregister_class(HelloWorld)


# common "pythonic" approach to main()...call register() automatically
if __name__ == "__main__":
    register()
 

これをPythonファイル(.py)に保存してから、通常のアドオンとしてBlenderにインストールしてください。 Blenderのどこかの領域に "space"と入力し、 "Hello World"と入力して、作成した演算子を探します。

インストールまたはセットアップ

  • https://www.blender.org/download/にアクセスしてください。

  • あなたのオペレーティングシステムを選択してください

  • ご使用のオペレーティングシステムのブレンダーのバージョンの横にある適切なミラーをクリックします。通常は、現在の場所に最も近いミラーをクリックするだけです。 (詳細)

ミラー

  • また、ページの下部には、毎日の実験ビルドとソースコードへのリンクもあります。これにより、(安定性を犠牲にして)最新の機能にアクセスできるようになります。

  • あなたは正常にミキサーをダウンロードしました!

あなたがブレンダーをダウンロードしたら、それを開くには、単純に解凍し、blender.exeまたはblender.appを開きます

ビューポートとそのウィンドウ

Blenderのビューポートは、多くの異なるウィンドウで構成された動的で変更可能なインターフェイスです。プログラムがデフォルトで実行されている場合、 ビューポートは5つの異なるウィンドウで構成されます。 Windowsは、小さな四角いインジケータアイコンを左上隅または隅のいずれかで探すことによって識別できます。彼らは次のように見えるかもしれません:

3Dビューアイコン (3Dビューアイコン)

タイムラインアイコン (タイムラインアイコン)

プロパティアイコン (プロパティアイコン)

これらの小さな画像は、添付されているウィンドウのタイプを表し、ウィンドウタイプは、その1つをクリックして別のウィンドウを選択することによって変更できます。

すべてのウィンドウはサイズ変更可能分割可能です 。つまり、ウィンドウを2つに分割したり、サイズを変更したり、1つのウィンドウにまとめることができます。

この機能を試すには、 画面の最上部に表示される画面レイアウトセレクタの位置を、メニューボタンの直後にメモします。

画面レイアウトセレクタ

このセレクタはいつでもデフォルトのウィンドウレイアウトに戻り、(多くのBlenderのセレクタのように)動的リストとして機能します。つまり、実験を開始する前にこのレイアウトを保存する場合は、 +ボタンをクリックしてレイアウトをコピーし、変更を加えます。レイアウト名をクリックし、デフォルトを再度選択して、レイアウトに戻ります。

レイアウトが返されるようになったので、メインウィンドウの隅にあるハンドルの 1つをドラッグします。これは次のようになります。

グラブハンドルイメージ

カーソルが十字線に変換され、ウィンドウが半分に分割されます。

ウィンドウ分割の例

2つのウィンドウを結合するには、ウィンドウの反対側の角にあるハンドルを使用します。上記の画像では、ウィンドウを分割するためのグラブハンドル左下隅にありました。つまり、ウィンドウを別のウィンドウと組み合わせるために使用されるハンドルは、 右上の ハンドルです。

ウィンドウを別のウィンドウと組み合わせるには、この2番目のハンドルを結合したい方向にドラッグします。それを内側から崩壊させたい場合は、最初にそれを引き離さなければならないかもしれません:

窓の例を組み合わせる