Looking for devise Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for devise Keywords? Try Ask4Keywords

devise考案を始める


備考

このセクションでは、deviseの概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、討議内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。開発のためのドキュメンテーションは新しいものなので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

インストールまたはセットアップ

1. Devise Gemを追加する

あなたのGemfileを開き、この行を追加してください

gem 'devise'
 

その後、実行します。

bundle install
 

2.あなたのアプリにdeviseを設定する

ターミナルで次のコマンドを実行します

rails g devise:install
 

3. Deviseを構成する

環境ファイルにデフォルトのURLオプションが定義されていることを確認してください。 config / environments / development.rbを開き、以下の行を追加してください:

config.action_mailer.default_url_options = { host: 'localhost', port: 3000 }
 

app / views / layouts / application.html.erbを開き、以下を追加してください:

<% if notice %>
  <p class="alert alert-success"><%= notice %></p>
<% end %>
<% if alert %>
  <p class="alert alert-danger"><%= alert %></p>
<% end %>
 

右上

 <%= yield %>
 

app / views / ideas / show.html.erbを開き、次の行を削除します:

<p id="notice"><%= notice %></p>
 
  • app / views / comments / show.html.erbも同様です。これらの行は、 app / views / layouts / application.html.erbファイルに通知を入れているので必要ではありません。

4.ユーザーモデルの設定

バンドルされたジェネレータスクリプトを使用してUserモデルを作成します。

rails g devise user
rake db:migrate
 

コーチ:どのユーザーモデルが生成されたのかを説明します。フィールドは何ですか?

5.最初のユーザーを作成する

すべてを設定したら、最初のユーザーを作成できます。 Deviseは、アカウントの作成、ログイン、ログアウトなどに必要なすべてのコードとルートを作成します。

あなたのレールサーバが動作していることを確認し、 http:// localhost:3000 / users / sign_upを開いてユーザアカウントを作成してください。