django-viewsdjango-viewsを使い始める


備考

このセクションでは、django-viewsの概要と、開発者がそれを使いたい理由について概説します。

また、ジャンゴビュー内の大きなテーマについて言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 django-viewsのドキュメンテーションは新しいので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

Djangoビュー

Django Viewsは、特定のURLに対してリクエストがあったときに呼び出される関数です。
URLパターンはurls.py ファイルに書き込まれ、URL正規表現にはviews.py 関数(Djangoビュー)が与えられているので、リクエストが行われるとその関数はHTTPリクエストオブジェクトで呼び出しを受け取ります。あなたはそのリクエストで何をしたいのですか?

ビューの簡単な例は、

from django.http import HttpResponse
import datetime

def current_datetime(request):
    now = datetime.datetime.now()
    html = "<html><body>It is now %s.</body></html>" % now
    return HttpResponse(html)
 

URLから上記のビューを呼び出すと、このビューに割り当てられたURLを呼び出すたびに現在の時刻が返されます。
request オブジェクトには、ヘッダー、リクエストタイプなど、取得するHTTPリクエストに関連する多くのパラメータがあります。より詳細な例を含む公式文書を読んでください。

インストールまたはセットアップ

django-viewを設定またはインストールするための詳細な手順。