Looking for .net-core Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for .net-core Keywords? Try Ask4Keywords

.net-core.net-coreを使い始める


備考

.NET Coreは、MicrosoftとGitHub上の.NETコミュニティによって管理される汎用開発プラットフォームです。

次の特性は、.NETコアを最もよく定義します。

  • 柔軟な導入:アプリに含めることも、サイドバイサイドのユーザー単位またはマシン単位でインストールすることもできます。
  • クロスプラットフォーム:Windows、MacOS、Linux上で動作します。他のOSに移植することができます。サポートされているオペレーティングシステム(OS)、CPU、およびアプリケーションのシナリオは、Microsoft、他の企業、および個人によって提供され、時間が経つにつれてますます成長します。 .NETは、デバイス、クラウド、および組み込み/ IoTシナリオでも使用できます。
  • コマンドラインツール:すべての製品シナリオは、コマンドラインで実行できます。
  • 互換性:.NET Coreは.NET標準ライブラリを介して.NET Framework、Xamarin、Monoと互換性があります。
  • オープンソース:.NETコアプラットフォームはMITとApache 2ライセンスを使用したオープンソースです。ドキュメンテーションはCC-BYでライセンスされています。 .NET Coreは.NET Foundationプロジェクトです。
  • Microsoftがサポートしています:.NET CoreはMicrosoft、.NET Core Support

組成

.NETコアは、次の部分で構成されています。

  • タイプシステム、アセンブリロード、ガベージコレクタ、ネイティブinterop、およびその他の基本サービスを提供する.NETランタイム
  • プリミティブデータ型、アプリのコンポジションの種類、基本的なユーティリティを提供するフレームワークライブラリのセット
  • 基本的な開発者エクスペリエンスを可能にするSDKツールと言語コンパイラのセットで、.NET Core SDKで利用できます。
  • .NETコアアプリケーションを起動する「dotnet」アプリケーションホスト 。アプリケーションホストは、ランタイムを選択してホストし、アセンブリロードポリシーを提供し、アプリケーションを起動します。同じホストを使用して、同様の方法でSDKツールを起動します。

(出典: 公式文書 。)

バージョン

.NETコア

バージョン発売日
1.0 2016年6月27日
1.1.1 2017-03-07

Hello Worldサンプルアプリケーションの構築

どこかで空のディレクトリを作成する...

mkdir HelloWorld
cd HelloWorld
 

次に、組み込みのスキャフォールディング技術を使用して、Hello Worldのサンプルを作成します

dotnet new console -o 
 

このコマンドは2つのファイルを作成します。

  • HelloWorld.csproj は、プロジェクトの依存関係、設定、およびターゲットフレームワークを記述します。
  • メインエントリポイントのソースコードと "Hello World"を出力するコンソールを定義するProgram.cs

dotnet new コマンドが失敗した場合は、.NET Coreが正しくインストールされていることを確認してください。お気に入りのエディタでProgram.cs ファイルを開いてProgram.cs ます。

namespace ConsoleApplication
{
    public class Program
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");
        }
    }
}
 

プロジェクトの依存関係と.NETランタイムを復元するには、

dotnet restore
 

アプリケーションをコンパイルして実行するには、次のように入力します。

dotnet run
 

この最後のコマンドはコンソールに "Hello World"を表示します。

バイナリアーカイブからのインストール

注:これらの手順は、.NET Core 1.0.4および1.1.1 SDK 1.0.1以降を対象としています。

バイナリアーカイブを使用してインストールする場合は、/ opt / dotnetに内容を抽出し、dotnet用にシンボリックリンクを作成することをお勧めします。 .NET Coreの以前のリリースが既にインストールされている場合、ディレクトリとシンボリックリンクはすでに

sudo mkdir -p /opt/dotnet
sudo tar zxf [tar.gz filename] -C /opt/dotnet
sudo ln -s /opt/dotnet/dotnet /usr/local/bin
 

Ubuntuのインストール

dotnet-host-ubuntu-x64.deb
dotnet-hostfxr-ubuntu-x64.deb
dotnet-sharedframework-ubuntu-x64.deb
dotnet-sdk-ubuntu-x64.1.0.1.deb
 

パッケージソースを設定する

最初の手順は、パッケージマネージャのソースフィードを確立することです。これは、以前にソースを設定していない場合や、初めてUbuntu 16.10にインストールする場合にのみ必要です。

Ubuntu 14.04とLinux Mint 17

コマンド

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ trusty main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893
sudo apt-get update
sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.1
 

インストールされたパッケージ

dotnet-host-ubuntu-x64.1.0.1.deb
dotnet-hostfxr-ubuntu-x64.1.0.1.deb
dotnet-sharedframework-ubuntu-x64.1.1.1.deb
dotnet-sdk-ubuntu-x64.1.0.1.deb
 

Ubuntu 16.04とLinux Mint 18

コマンド

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ xenial main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893
sudo apt-get update
sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.1
 

インストールされたパッケージ

dotnet-host-ubuntu.16.04-x64.1.0.1.deb
dotnet-hostfxr-ubuntu.16.04-x64.1.0.1.deb
dotnet-sharedframework-ubuntu.16.04-x64.1.1.1.deb
dotnet-sdk-ubuntu.16.04-x64.1.0.1.deb
 

Ubuntu 16.10

コマンド

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ yakkety main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893
sudo apt-get update
sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.1
 

インストールされたパッケージ

dotnet-hostfxr-ubuntu.16.10-x64.1.0.1.deb
dotnet-host-ubuntu.16.10-x64.1.0.1.deb
dotnet-sharedframework-ubuntu.16.10-x64.1.1.1.deb
dotnet-sdk-ubuntu.16.10-x64.1.0.1.deb
 

ソース オフィシャルドキュメンテーション

インストールまたはセットアップ

homebrewをインストールした後で、macOS 10.11以降に.NET Coreをインストールする:

brew update
brew install openssl
mkdir -p /usr/local/lib
ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libcrypto.1.0.0.dylib /usr/local/lib/
ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libssl.1.0.0.dylib /usr/local/lib/
 

.NET Core SDKをhttps://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=835011からインストールします

Windows、Linux、Mac、Dockerのインストールガイド付きの公式Microsoft .NETコアページ

.net-coreのセットアップまたはインストールに関する詳細な手順。