hbaseJava APIの使用


構文

  • HBaseConfiguration.create(); //設定ファイルを作成する

  • Configuration.set(文字列キー、文字列値); //設定にキーを追加する

  • ConnectionFactory.createConnection(HBaseConfiguration設定); // HBaseに接続する

  • Connection.getAdmin(); //新しい管理者をインスタンス化する

  • 新しいHTableDescriptor(Table.valueOf(String tableName));; //テーブル記述子を作成する

  • 新しいHColumnDescriptor(String familyName)); HTableDescriptor.addFamily(新しいHColumnDescriptor(Stringファミリ名)); //テーブル記述子にファミリを追加する

  • Admin.createTable(HTableDescriptor記述子); //ディスクリプタに記述されているようにテーブルを作成する

  • Admin.deleteTable(TableName.valueOf(String tableName)); //テーブルを削除する

  • Connection.getTable(TableName.valueOf(String tableName)); //テーブルオブジェクトを取得する

  • 新しいGet(Bytes.toBytes(String row_key)); //新しいGetを作成する

  • table.get(Getを取得)//結果を返します

  • 新しいPut(String row_key); //新しいPutを作成する

  • table.put(put put); //行を挿入する

  • 新しいスキャン(); //新しいスキャンを作成する

  • table.getScanner(スキャンスキャン); // ResultScannerを返す

  • 新しいDelete(Bytes.toBytes(String row_key)); //新しいDeleteを作成する

  • table.delete(削除の削除); //テーブルから行を削除する

パラメーター

パラメータ可能な値
CompareOp CompareOp.NO_OP(操作なし)、CompareOp.NOT_EQUAL、CompareOp.NO_OP、CompareOp.NO_OP(比較演算子、比較演算子、比較演算子、比較演算子、

備考

このトピックでは、HBase用のJava APIの使用方法のさまざまな例を示します。このトピックでは、表の作成と削除、表からの行の挿入、問合せ、および削除を行う方法を学習しますが、スキャン・フィルターも使用します。

このAPIの多くのメソッドよりも、たとえば、columnFamilyという名前のパラメータとしてBytesを使用することに気づくでしょう。これはHBaseの実装によるものです。最適化のために、String、Integerなどの値を格納するのではなく、Bytesのリストを格納します。そのため、すべての値をByteとして解析する必要があります。これを行うには、最も簡単な方法は、 Bytes.toBytes(something)を使用するBytes.toBytes(something)です。

間違いや誤解があれば、気をつけてください。

Java APIの使用 関連する例