java.util.scannerjava.util.scannerを使い始める


備考

このセクションでは、java.util.scannerの概要と、開発者がそれを使用する理由について概要を説明します。

また、java.util.scanner内の大きな件名についても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 java.util.scannerのドキュメントは新しくなっているので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

インストールまたはセットアップ

java.util.Scannerクラスは、正規表現を使用してプリミティブ型と文字列を解析できる単純なテキストスキャナです。スキャナは区切り文字を使用してその入力をトークンに分割します。区切り文字はデフォルトで空白に一致します。

java.util.ScannerはJava APIの一部であるため、デフォルトで各Javaインストールに含まれています。

コード内でScannerを使用するには、まずJavaライブラリのどこにあるかを指定する必要があります。Scannerはパッケージjava.util ます。

簡単な方法は、ファイルの先頭に次の行を追加することです。

import java.util.Scanner;
 

コードがコンパイルされると、「スキャナ」はそのクラスを参照します。 Scannerという名前の別のクラスを使用する場合は、個々の使用法を個別に指定できますが、これは面倒です。

import java.util.Scanner;

//Code not shown

public int exampleMethod()
{
    Scanner keyboardInput = new Scanner(System.in);        //Scans character input.
    int orcasPresent = myPackage.Scanner.scanForOrcas();   //<<Demonstration Here>>
    return keyboardInput.nextInt() * orcasPresent;
}
 

(この場合は、 scanForOrcas() カスタムクラスの静的メソッドである、 myPackage.ScannermyPackage.Scanner 、フォルダmypackageとになると行含まれている必要がありますpackage myPackage;