kinectkinectを使い始める


備考

このセクションでは、kinectの概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、kinect内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 kinectのドキュメンテーションは新しいので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

インストールまたはセットアップ

kinectのセットアップまたはインストールに関する詳細な手順.Kinectセンサーの設定

Kinect for Windows 1.5,1.6,1.7,1.8

Kinectセンサーを起動して実行するための簡単な手順を以下に示します。

ステップ1:安定した表面にセンサを取り付ける

センサは、使用中に落下したりぶつからない場所に安定した場所に設置してください。ここにいくつかのヒントがあります。

Do not place the Kinect on or in front of a speaker or on a surface that vibrates or makes noise.
Keep the Kinect out of direct sunlight.
Use the Kinect within its specified operating temperature range of 41 to 95 degrees Fahrenheit (5 to 35 degrees Celsius). If the sensor is exposed to an environment outside of its prescribed temperature range, turn it off and allow the temperature to stabilize within the specified range before you use the sensor again.
Do not tilt a Kinect on its base. Manually tilting the Kinect can damage the sensor. The Kinect tilt angle is controlled by software; see Kinect Explorer - WPF C# Sample for an example.
 

ステップ2:Kinect for Windows SDKをインストールする

If you haven't done so already, download and install the free SDK from the Kinect for Windows download page.
If you haven't done so already, download and install the free Developer Toolkit from the Kinect for Windows download page.
 

ステップ3:Kinectセンサーのプラグイン

Connect the power supply for your Kinect to an external power source.
Connect the Kinect to a USB port on your PC and wait for Windows to recognize it.
All the drivers, including audio, will load seamlessly.
 

Kinect for Windows SDKをインストールすると、インストールパッケージにはKinectドライバが含まれます。 KinectドライバをWindowsベースのPCにインストールすると、PCのUSBポートに接続されているKinectがマルチコンポーネントUSBデバイスとして表示されます。

USBホストコントローラの互換性に関する既知の問題があります。

ドライバをロードしたら、開発環境をセットアップする必要があります。 Visual Studioを使用している場合は、最初のC#またはC ++アプリケーションの作成に役立つ開発環境の設定に進みます。

トラブルシューティングのヒント

以下のヒントは、Kinectの使用を開始するのに役立ちます:

If a non-Microsoft driver for the Kinect is installed on your computer, the Kinect for Windows drivers might not install or function correctly. To fix this, uninstall the non-Microsoft drivers before installing the Kinect for Windows SDK.
Connect the power supply for the Kinect to an external power source; if the Kinect has only power from the USB connection, it will be minimally functional and light the LED, but it must be connected to an external power source to be fully functional.
No tools are required for calibration of audio and video.
Your Kinect should be the only device plugged into a USB hub on your computer. If you have more than one Kinect, connect them to different USB controllers. If 2 hubs are connected to the same controller, only 1 Kinect can work at a time.
The Kinect is protected from overheating by a fan. It is controlled by the sensor's firmware, which turns off the camera at 90 degrees Celsius. There is no software interface for applications to control the fan.
Reasonable lighting, neither extremely dark nor extremely bright, is important for capturing images with the RGB camera. Incandescent, fluorescent, and natural lighting provide no special obstacles, but do not point an intense or constant light source at the camera because this can blind the RGB sensor.
The depth sensor functions adequately in typical and reduced lighting, although in near darkness there is increased noise in the signal.
The depth sensor reads depth information from reflected light. Objects that are highly reflective (mirrors and shiny metal) or highly absorptive (fluffy and/or dark materials) may not be registered by the depth sensor as successfully as other objects.
 

ソース

Linux

Ubuntu / Debian公式パッケージ

Ubuntu 11.10(Oneiric)とDebian 7(Wheezy)から始めて、UbuntuとDebianはlibfreenectの公式パッケージを提供しています。コンソールに簡単にインストールできます:

$ sudo apt-get install freenect
 

Ubuntuの12.04gspcaカーネルドライバは、ユーザーモードでのKinectデバイスを主張からlibfreenect防ぎます。モジュールを削除してブラックリストに追加する

$ sudo modprobe -r gspca_kinect 
$ sudo modprobe -r gspca_main
$ echo "blacklist gspca_kinect" |sudo tee -a /etc/modprobe.d/blacklist.conf
 

Ubuntu 12.04用の最新のlibfreenectパッケージでFlorian Echtler libtisch PPA(下記参照)を追加して、カーネルドライバを自動的に切り離すことができるlibfreenectの最新バージョンをインストールしてください。

freenectデバイスは、グループ 'plugdev'に属するすべてのユーザがアクセスできます。デフォルトでは、デスクトップユーザはplugdevグループに属しますが、それらをグループに追加する必要がある場合は、

$ sudo adduser $USER plugdev
 

ログアウトしてもう一度ログインNeuroDebianリポジトリ

あなたが使用しているDebianやUbuntuのバージョンにかかわらず最新のバージョンのlibfreenectが必要な場合、DebianとUbuntuのすべてのサポートされているバージョン(すなわち、Ubuntu Lucid(10.04)、Maverick(10.10)、Natty(11.04) )、Oneiric(11.10)、Debian SqueezeとWheezyがNeuroDebianリポジトリにあります。利用可能なパッケージは、公式のDebianパッケージのメンテナが作成し、Debian / Ubuntuの標準に従います。

NeuroDebianリポジトリを有効にするには:

$ wget -O- http://neuro.debian.net/lists/$(lsb_release -cs).us-nh | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/neurodebian.sources.list
$ sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver pgp.mit.edu 2649A5A9
$ sudo apt-get update
 

libfreenectのインストールは前と同じです:

$ sudo apt-get install freenect
 

ユーザーがroot権限なしでデバイスにアクセスするには、plugdevグループ(デスクトップユーザーのデフォルト)に属していることを確認してください。そうでない場合は、次のように追加します。

$ sudo adduser $USER plugdev
 

ログアウトして再度ログインするlibtisch PPA

Lucid(10.04)、Maverick(10.10)、Natty(11.04)、Oneiric(11.10)、Pangolin(12.04)のUbuntuランチパッドはこのリンクから入手できます。

それを使用するには、コンソールを開いて次のコマンドを実行します。

$ sudo add-apt-repository ppa:floe/libtisch
$ sudo apt-get update
 

その後、以下を使用できます。

$ sudo apt-get install libfreenect libfreenect-dev libfreenect-demos
 

これにより、libfreenect、開発ヘッダー、およびデモアプリケーションがインストールされます。

その後、自分自身を 'ビデオ'グループに追加してログインする必要があります。パッケージには、グループビデオのユーザーがデバイスにアクセスできるように、udevデーモンに必要なルールがすでに含まれています。

$ sudo adduser $USER video
 

ログアウトしてからログインし直してください。再起動する必要はありません。ただちにkinectデバイスを接続してください(すでに接続されている場合は、プラグを抜いてプラグインし直してください)。

デモアプリケーションを起動するには:

$ freenect-glview
 

デバイスにアクセスする際の問題

問題が発生した場合は、

$ lsusb | grep Xbox
 

3つのデバイスを一覧表示する

> lsusb | grep Xbox                                                 Bus
> 001 Device 021: ID 045e:02ae Microsoft Corp. Xbox NUI Camera Bus 001
> Device 019: ID 045e:02b0 Microsoft Corp. Xbox NUI Motor Bus 001 Device
> 020: ID 045e:02ad Microsoft Corp. Xbox NUI Audio
 

それらが存在しない場合は、

echo -1 | sudo tee -a /sys/module/usbcore/parameters/autosuspend
 

KinektとKinect Camera を再接続してください。

すべてのデモアプリケーションはfreenect-接頭辞で始まります。 Ubuntuの手動インストール

クイックコピー&ペーストの指示をすぐに実行するには:

sudo apt-get install git-core cmake libglut3-dev pkg-config build-essential libxmu-dev libxi-dev libusb-1.0-0-dev
git clone git://github.com/OpenKinect/libfreenect.git
cd libfreenect
mkdir build
cd build
cmake ..
make
sudo make install
sudo ldconfig /usr/local/lib64/
sudo freenect-glview
 

注:apt-getがlibglut3を見つけることができないというエラーが発生した場合、libglut3- *の代わりにfreeglut3- *を持つ新しいバージョンのUbuntu上にある可能性があります。したがって、最初のapt-getのインストールは次のようになります:

sudo apt-get install git-core cmake freeglut3-dev pkg-config build-essential libxmu-dev libxi-dev libusb-1.0-0-dev
 

Kinectを非rootユーザーとして使用するには、次のようにします。

sudo adduser $USER video
 

また、Linuxデバイスマネージャーのルールを含むファイルを作成します。

sudo nano /etc/udev/rules.d/51-kinect.rules
 

コピーアンドペースト:

# ATTR{product}=="Xbox NUI Motor"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02b0", MODE="0666"
# ATTR{product}=="Xbox NUI Audio"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02ad", MODE="0666"
# ATTR{product}=="Xbox NUI Camera"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02ae", MODE="0666"
# ATTR{product}=="Xbox NUI Motor"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02c2", MODE="0666"
# ATTR{product}=="Xbox NUI Motor"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02be", MODE="0666"
# ATTR{product}=="Xbox NUI Motor"
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="045e", ATTR{idProduct}=="02bf", MODE="0666"
 

必ずログアウトしてからログインしてください。

デバイスを使用するためにroot権限が必要な場合や、root権限が必要な場合:インストールされている2つのドライバ(libfreenectとprimesense)の権限の間に矛盾が生じることがあります。これが当てはまる場合は、primesenseのセンサードライバを再インストールし、primesenseのルールファイル/etc/udev/rules.d/55-primesense-usb.rule だけを残して、/etc/udev/rules.d/51-ectectを削除してみてください/etc/udev/rules.d/51-kinect.rules ファイルを作成した場合