Looking for linux-kernel Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for linux-kernel Keywords? Try Ask4Keywords

linux-kernellinux-kernelを使い始める


備考

この節では、linux-kernelの概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、Linuxカーネル内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 linux-kernelのドキュメントは新しくなっているので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

バージョン

バージョン発売日
4.4 2016-01-10
4.1 2015-06-21
3.18 2014-12-07
3.16 2014-08-03
3.12 2013-11-03
3.10 2013-06-30
3.4 2012-05-20
3.2 2012-01-04

インストールまたはセットアップ

Linuxカーネルのソースコードはhttps://www.kernel.org/にあります。

ダウンロードしてカーネルディレクトリに移動します。

端末でこれらのコマンドをステップバイステップで入力します(linux-4.7.ta​​r.gzの代わりに必要なバージョンを選択してください)

wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v4.7/linux-4.7.tar.gz
tar zxvf linux-4.7.tar.gz
cd linux-4.7
 

make menuconfig は、カーネルに必要な機能を選択します。古いカーネル構成は、古い.config ファイルを使用してコピーし、 make oldconfig を実行make oldconfig ことでコピーできます。また、 make xconfig を設定ツールのグラフィカルなバージョンとして使用make xconfig もできます。

依存関係を構築し、カーネルとモジュールをコンパイルします。

make dep
make bzImage
make modules
make modules_install 
 

あるいは、古いカーネルを再構成してコンパイルし直したい場合は、以下のコマンドを実行してください:

make mrproper
make menuconfig
make dep
make clean
make bzImage
make modules
make modules_install
 

次に、カーネルのsystem.map ファイルを/boot/vmlinuz-4.7 コピーします。

以下の内容の.conf ファイルを作成する

image = /boot/vmlinuz-4.7
label = "Linux 4.7"
 

その後、 lilo -v を実行してブートセクタを変更し、リブートします。