POSIXプロセス


構文

  • pid_t getpid(void);
  • pid_t getppid(void);
  • pid_t fork(void);
  • pid_t waitpid(pid_t pid、int * wstatus、intオプション);
  • int execv(const char * path、char * const argv []);

パラメーター

関数、パラメータ、戻り値説明
fork() 関数名
無し該当なし
PID、0、または-1を返します。 呼び出しプロセスは、新しく作成されたプロセスのPIDを受け取るか、失敗した場合は-1を受け取ります。子プロセス(新しく作成されたプロセス)は0を受け取りerrno失敗した場合、 errnoEAGAINまたはENOMEMいずれかをerrnoします
- -
execv() 関数名
const char *path 実行可能ファイルの名前を含む文字列(inlcudeパス)
char *const argv[] 引数としての文字列ポインタの配列
失敗したら-1を返します成功すると、この関数は戻りません。
- -

プロセス 関連する例