QTPQTPを使い始める


備考

QTPは、2006年にHPが買収したMercury Interactiveが開発した自動テストツールQuickTest Professionalの頭文字をとっています。このツールは主に機能テストや回帰テストの自動化のために設計されていますが、 GUI自動化が必要な場所QTPはさまざまなWindowsオペレーティングシステムに対して動作し、さまざまなWindowsおよびWebベースのアプリケーションと対話できます。

QTPには、録音/再生とエキスパートモードという2つの操作モードがあります。最初に、ユーザーはブラウザが繰り返す操作を記録します。 2番目の方法では、ユーザーがコード内で直接終了するプロセスの開始を定義します。第1の方法は、複雑な自動化スクリプトを生成する点で非常に制限されているので、第2の方法が好ましい。

QTPは、Internet Explorer、Chrome、Firefox、Safariなどの複数のブラウザに対して動作します。

バージョン11.5以降、QTPにはHPのServiceTest APIが付属して提供され、Unified Functional Tester(UFT)を形成しました。

QTPの主なスクリプト言語は、 VBScriptとオブジェクトリポジトリを組み合わせて、相互作用するGUIアーチファクトを特定することです。

こんにちは世界

QTPはプログラミング言語としてVBScript を使用します。したがって、Hello Worldの例は、純粋なVBScriptで与えることができます:

MsgBox "Hello World!"
 

このスクリプトを実行すると(F5キーを押すか、またはタスクバーの[再生]ボタンをクリックすると)、 "Hello World!"というテキストのメッセージボックスが表示されます。その中に。

インストール

インストーラを実行すると、利用可能な任意のアドオンとともにアプリケーションがセットアップされ、追加の機能が有効になります(たとえば、QTPがブラウザオブジェクトを制御できるようにするにはWebアドオンが必要です。 Javaアプリケーションは、Javaアプリケーションなどを制御することができます)。

シングルシートまたはコンカレントの2つのオプションからライセンス設定を指定することもできます。

シングルシートは、単一のユーザーに対して単一のライセンスしかない場合に使用されます。

同時に複数のユーザー/ライセンスをコンカレントとして設定することもできます。コンセントは、システムを同時に利用するユーザー数を管理する中央ライセンスサーバーを構成します。任意の時点でのユーザー数は、使用可能なライセンス数を超えることはできません。