Looking for rabbitmq Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for rabbitmq Keywords? Try Ask4Keywords

rabbitmqrabbitmqを使い始める


備考

このセクションでは、rabbitmqの概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、rabbitmq内の大きな科目についても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 rabbitmqのドキュメンテーションは新しいので、これらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

バージョン

バージョンリリースノート発売日
3.6.5 リリースノート 2016-08-05
3.6.4 リリースノート 2016-07-29
3.6.3 リリースノート 2016年7月6日
3.6.2 リリースノート 2016年5月19日
3.6.1 リリースノート 2016-03-01
3.6.0 リリースノート 2015-12-22
3.5.7 リリースノート 2015-12-15
3.5.6 リリースノート 2015-10-07
3.5.5 リリースノート 2015-09-24
3.5.4 リリースノート 2015-07-22
3.5.3 リリースノート 2015-05-22
3.5.2 リリースノート 2015-05-12
3.5.1 リリースノート 2015-04-03
3.5.0 リリースノート 2015-03-11
3.4.4 リリースノート 2015-02-11
3.4.3 リリースノート 2015-01-07
3.4.2 リリースノート 2014-11-26
3.4.1 リリースノート 2014-10-29
3.4.0 リリースノート 2014-10-21
3.3.5 リリースノート 2014-08-11
3.3.4 リリースノート 2014-06-24
3.3.3 リリースノート 2014-06-17
3.3.2 リリースノート 2014-06-09
3.3.1 リリースノート 2014-04-29
3.3.0 リリースノート 2014-04-02
3.2.4 リリースノート 2014-03-04
3.2.3 リリースノート 2014-01-23
3.2.2 リリースノート 2013-12-11
3.2.1 リリースノート 2013-11-07
3.2.0 リリースノート 2013年10月23日
3.1.5 リリースノート 2013-08-15
3.1.4 リリースノート 2013-08-07
3.1.3 リリースノート 2013-06-26
3.1.2 リリースノート 2013-06-24
3.1.1 リリースノート 2013-05-21
3.1.0 リリースノート 2013-05-01

Ubuntu ServerにRabbitMQをインストールする

RabbitMQを実際にインストールする前の簡単な注意:Ubuntu 14.04のErlangパッケージにはRabbitMQでSSLを使用している場合に問題があるため、Ubuntuパッケージのメンテナが提供するバージョンより新しいバージョンをインストールする必要がありますので、 https: Erlang 17.0以降の場合は/www.erlang-solutions.com/resources/download.htmlを参照してください

RabbitMQをパッケージリポジトリリストに追加する:

echo 'deb http://www.rabbitmq.com/debian/ testing main' |
    sudo tee /etc/apt/sources.list.d/rabbitmq.list
 

署名キーを追加します。

wget -O- https://www.rabbitmq.com/rabbitmq-release-signing-key.asc |
    sudo apt-key add -
 

次に、更新してインストールします。

sudo apt-get update && sudo apt-get install rabbitmq-server
 

RabbitMQ「Hello World」

このコードは、2つのメッセージをキューに送信するプロデューサと、そのキューからすべてのメッセージを受け取るコンシューマを作成します。

producer.pyのコード(pika 0.10.0 Pythonクライアントを使用):

import pika

connection = pika.BlockingConnection(pika.ConnectionParameters(
        host='localhost'))
channel = connection.channel()

channel.queue_declare(queue='queueName')

channel.basic_publish(exchange='',
                      routing_key='queueName',
                      body='Hello')
channel.basic_publish(exchange='',
                      routing_key='queueName',
                      body='World!')
print("Message sent")
connection.close()
 

consumer.pyのコード:

import pika

connection = pika.BlockingConnection(pika.ConnectionParameters(
        host='localhost'))
channel = connection.channel()

channel.queue_declare(queue='queueName')

def callback(ch, method, properties, body):
    print("Received message: %r" % body)

channel.basic_consume(callback,
                      queue='queueName',
                      no_ack=True)

print('Waiting for messages...')
channel.start_consuming()
 

出力は次のとおりです。

$ python receive.py
Waiting for messages...
Received message: 'Hello'
Received message: 'World!'
 

その他の例は、RabbitMQのチュートリアルページで他の言語で利用できます。