sbtsbtを使い始める


備考

シンプルビルドツール(略称SBT)は、Scala(またはJava)プロジェクトコードを構築するために使用できます。これには、 .jarやその他の成果物に対して構築、テスト、コンパイルが必要なコード、依存関係、およびリソースの管理が含まれます。カスタムタスクを作成して、これらのプロセスをすべて管理することができます。

名前に関する注釈。 SBTは「Scala Build Tool」と呼ばれることもあります。これは本来の意図ではありませんが、一般的に使用されるようになっています。 SBTを使用して、JVM上のプロジェクトを構築することができます。

.sbtファイル、または 'SBTビルド定義'は、スカラで書かれた特別に解釈されたファイルで、SBTがビルドを定義するために使用します。 .scalaビルド定義は、 .sbtファイルに書き込んでインポートすることもできます。

13.6より前のバージョンでは、すべての.sbtファイルに空白行で区切られた各文が必要でした。空白行がないと、 .sbtファイルが破損します。

ユニバーサルパッケージは、 ZIP形式とTGZ形式で存在します。

バージョン

バージョン状態発売日
0.13.12 安定 2016-07-17

EclipseにSBTプロジェクトをインポートする

これは、 EclipseSBTの両方をインストールしたことを前提としています。

  • EclipseマーケットプレイスからEclipse用SBTプラグインをインストールします。

  • コマンドラインで、プロジェクトのルートディレクトリに移動します。

    $ cd ~/home/sample/project

  • プロジェクトをロードするsbtを実行します。

    $ sbt

  • 依存関係を取得できるようにプロジェクトをコンパイルします。

    > compile

  • eclipse タスクを実行します。

    > eclipse

  • Eclipseに移動し、メニューオプションを選択します:

    File > New > Project From Existing Sources

  • ウィザードでプロジェクトディレクトリに移動し、プロジェクトディレクトリを選択します。 Eclipseが残りを処理します。

Mac OSXにインストールする

完全な公式の指示はここで見つけることができます

MacPorts

MacPortsをインストールします。次に、端末で以下を実行します。

port install sbt
 

自作

Homebrewをインストールします。次に、端末で以下を実行します。

brew install sbt
 

ソース

SBTからすべてのプラットフォーム (tgz)インストールをダウンロードします。

sudo su
cd /opt
mkdir sbt
cd sbt
curl https://dl.bintray.com/sbt/native-packages/sbt/0.13.13/sbt-0.13.13.tgz -o sbt-0.13.13.tgz
 

次に、

tar zxf sbt-0.13.13.tgz
ln -s sbt-0.13.13 latest
 

あなたの$ HOMEの中に〜/ .profileを次の行を追加して更新してください

export SBT_HOME=/opt/sbt/latest
export PATH=$PATH:$SBT_HOME/bin
 

検証

端末では次を実行します。

which sbt
 

次のような出力が必要です。

/opt/local/bin/sbt
 

出力がない場合は、sbtはインストールされていません。

LinuxにSBTをインストールする

完全な説明はここ見つけることができます

  1. JDKをインストールします

  2. Java環境変数を設定します。

    export JAVA_HOME=/usr/local/java/jdk1.8.0_102
    echo $JAVA_HOME
    /usr/local/java/jdk1.8.0_102
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin/
    echo $PATH
    ...:/usr/local/java/jdk1.8.0_102/bin/
     
  3. Scalaをインストールします。

    sudo wget http://www.scala-lang.org/files/archive/scala-2.11.8.deb
    sudo dpkg -i scala-2.11.8.deb
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install scala
     
  4. SBTをインストールします。

    wget https://bintray.com/artifact/download/sbt/debian/sbt-0.13.9.deb
    sudo dpkg -i sbt-0.13.9.deb
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install sbt
     

RPMベースのLinuxディストリビューション

  • SBTリポジトリ定義をダウンロードし、YUMに追加します。

    curl https://bintray.com/sbt/rpm/rpm | sudo tee /etc/yum.repos.d/bintray-sbt-rpm.repo
     
  • 以前にYUMに追加された定義に従ってSBTをインストールします。

    sudo yum install sbt
     

WindowsにSBTをインストールする

インストール

MSIのインストーラはここにあります 。これは最新の安定バージョンです。ダウンロードして実行してインストールします。

インストールの確認

  • WindowsKey + R 使用し、 cmd ます。

  • または、 .sbtC:\Users\Hopper )に移動し、アドレスバーにcmd と入力します。

  • sbt about 入力するとバージョン情報が取得され、インストールされていることが確認されます。次のようなものが表示されます。

    Java HotSpot(TM) 64-But Server VM warning: ignoring option MaxPermSize=256m; support was removed in 8.0
    [info] Set current project to root--sbt (in build file:/C:/Users/Hopper/.sbt/)
    [info] This is sbt 0.13.8
    ...