titantitanを使い始める


備考

このセクションでは、titanの概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、タイタン内の大きな科目についても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 titanのドキュメンテーションは新しいものなので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

タイタングラフを初期化する

適切なストレージバックエンドを実行すると、次の方法で新しいタイタングラフを初期化できます。

graph = TitanFactory.open("config.properties");
 

Wehere config.properties は、ストレージバックエンドに関連するいくつかの設定を定義します 。 Titanは、ダウンロード可能なパッケージにいくつかのサンプル設定を提供しています。例えば、 conf/titan-cassandra.properties

また、ほとんどの設定オプションを無視したい場合には省略形を使うこともできます:

たとえば、 Cassandraバックエンドの場合:

graph = TitanFactory.open("cassandra:localhost")
 

Berkeley DBバックエンドの場合:

graph = TitanFactory.open('berkeleyje:/tmp/graph')
 

上記のコマンドはすべて、関連するバックエンドを持続するタイタングラフを作成します。 これらのコマンドを初めて実行する場合、グラフは最初は空になります。

インストールまたはセットアップ

Titanのセットアップまたはインストールに関する詳細な手順。