TwilioTwilioを使い始める


備考

Twilioは、IPメッセージング(チャット)、ビデオ、音声、SMS、MMS経由の通信プラットフォームを提供します。この簡単な例は、Node.jsのTwilioモジュールを使用してSMSテキストメッセージを送信する方法を示しています。

バージョン

バージョン発売日
1.0.0 2016-04-12

米国番号からのSMSメッセージの送信

TwilioのNode.js SDKを使用して米国の番号からSMSテキストメッセージを送信する方法です。

まずNode.jsクライアントをインストールする必要があります:

npm install twilio
 

その後、 自分のウェブサイトにアカウント作成する必要があります

アカウントを取得したら、オンラインダッシュボードに表示されるアカウントSIDと認証トークンが必要になります。

オンラインダッシュボード上のアカウントSIDと認証トークンの場所

以下のコード例では、 [Account SID][Auth Token] をアカウントのもので置き換えます。

// Twilio Credentials 
var accountSid = '[Account SID]'; 
var authToken = '[Auth Token]'; 
 
//require the Twilio module and create a REST client 
var client = require('twilio')(accountSid, authToken); 
 
client.messages.create({ 
    to: "+16518675309", // Any number Twilio can deliver to
    from: "+14158141829", // A number you bought from Twilio and can use for outbound communication
    body: "Hey Jenny, thanks for the pull request, will merge it right away." 
}, function(err, message) { 
    console.log(message.sid); 
});
 

約束を使用してSMSメッセージを送信する

TwilioのNode.JS APIは、本来、約束事をサポートしているため、SMSメッセージを送信する際に約束をすることができます(この例はTwilioのAPI Docから直接採用されています )。

// Create an authenticated Twilio REST API client
var twilio = require('twilio');
var client = new twilio.RestClient('ACCOUNT_SID', 'AUTH_TOKEN');

// A simple example of sending an sms message using promises
var promise = client.makeCall({
    to:'+16515556667777', // a number to call
    from:'+16518889999', // a Twilio number you own
    body: 'Hello, world.' // A URL containing TwiML instructions for the call
});

// You can assign functions to be called, at any time, after the request to
// Twilio has been completed.  The first function is called when the request
// succeeds, the second if there was an error.
promise
.then(function(sms) {
    console.log('Call success! SMS SID: ' + sms.sid);
}, function(error) {
    console.error('Call failed!  Reason: ' + error.message);
});