Looking for vscode Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for vscode Keywords? Try Ask4Keywords

vscodevscodeを使い始める


備考

このセクションでは、vscodeの概要と、開発者がそれを使用する理由を概説します。

また、vscode内の大きな件名についても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 vscodeのドキュメントは新しくなっているので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

バージョン

バージョン発売日
0.10.1-延長ビルダー 2015-11-13
0.10.1 2015-11-17
0.10.2 2015-11-24
0.10.3 2015-11-26
0.10.5 2015-12-17
0.10.6 2015-12-19
0.10.7-内部者 2016-01-29
0.10.8 2016-02-05
0.10.8-内部者 2016-02-08
0.10.9 2016-02-17
0.10.10-内部者 2016-02-26
0.10.10 2016-03-11
0.10.11 2016-03-11
0.10.11-内部者 2016-03-11
0.10.12-内部者 2016-03-20
0.10.13-インサイダー 2016-03-29
0.10.14-内部者 2016-04-04
0.10.15-内部者 2016-04-11
1.0.0 2016-04-14
1.1.0-インサイダー 2016-05-02
1.1.0 2016-05-09
1.1.1 2016年5月16日
1.2.0 2016年06月01日
1.2.1 2016年06-14-14
1.3.0 2016-07-07
1.3.1 2016-07-12
1.4.0 2016-08-03
翻訳/ 20160817.01 2016-08-17
翻訳/ 20160826.01 2016-08-26
翻訳/ 20160902.01 2016-09-02
1.5.0 2016-09-08
1.5.1 2016-09-08
1.5.2 2016-09-14
1.6.0 2016-10-10
1.6.1 2016年10月13日
翻訳/ 20161014.01 2016-10-14
翻訳/ 20161028.01 2016-10-28
1.7.0 2016-11-01
1.7.1 2016年11月03日
翻訳/ 20161111.01 2016-11-12
翻訳/ 20161118.01 2016-11-19
1.7.2 2016-11-22
翻訳/ 20161125.01 2016-11-26
翻訳/ 20161209.01 2016-12-09
1.8.0 2016-12-14
1.8.1 2016-12-20
翻訳/ 20170123.01 2017-01-23
翻訳/ 20172701.01 2017-01-27
1.9.0 2017-02-02
翻訳/ 20170127.01 2017-02-03
翻訳/ 20170203.01 2017-02-03
1.9.1 2017-02-09
翻訳/ 20170217.01 2017-02-18
翻訳/ 20170227.01 2017-02-27
1.10.0 2017-03-01
1.10.1 2017-03-02
1.10.2 2017-03-08
翻訳/ 20170311.01 2017-03-11
翻訳/ 20170317.01 2017-03-18
翻訳/ 20170324.01 2017-03-25
翻訳/ 20170331.01 2017-03-31
1.11.0 2017-04-06
1.11.1 2017-04-06
翻訳/ 20170407.01 2017-04-07
1.11.2 2017-04-13

最初のプログラム(C ++):Hello World.cpp

この例では、C ++で「hello world」プログラムを作成する方法を示して、VSコードの基本機能を紹介します。続行する前に、 " ms-vscode.cpptools "拡張機能がインストールされていることを確認してください。

プロジェクトを初期化する

最初のステップは、新しいプロジェクトを作成することです。これを行うには、VSコードプログラムをロードします。典型的なようこそ画面で挨拶する必要があります: ここに画像の説明を入力

最初のプログラムを作成するには、ウェルカム画面から「 スタート 」>「 新規ファイル 」を選択します。これにより、新しいファイルウィンドウが開きます。先に進み、ファイル( " ファイル "> " 保存 ")を新しいディレクトリに保存します 。ディレクトリに任意の名前を付けることができますが、この例ではディレクトリ " VSC_HelloWorld "とファイル " HelloWorld.cpp "を呼び出します。

実際のプログラムを書いてください(以下のテキストを自由にコピーしてください):

#include <iostream>

int main()
{
    // Output the hello world text
    std::cout << "Hello world!" << std::endl;
    return 0;
}
 

すばらしいです!また、 " ms-vscode.cpptools "拡張機能がインストールされているので、コードの強調表示もきわめて簡単です。さあ、コードの実行に移りましょう。

スクリプトの実行(基本)

VSコード内から " HelloWorld.cpp "を実行できます。このようなプログラムを実行する最も簡単な方法は、統合端末(「 ビュー 」>「 統合端末 」)を開くことです。これにより、ビューの下部にターミナルウィンドウが開きます。この端末の内部から、作成したディレクトリに移動し、作成したスクリプトをビルドして実行することができます。 ここに画像の説明を入力ここでは、次のコマンドを使用してコードをコンパイルして実行しました。

$ g++ HelloWorld.cpp -o hellowold
$ ./hellowold
 

期待されるHello World! を取得したことに注目してくださいHello World! 出力。

スクリプトの実行(少し前進)

素晴らしいですが、VSコードを直接使用してコードをビルドして実行することもできます。このためには、まず " VSC_HelloWorld "ディレクトリをワークスペースにする必要があります。これは次の方法で行うことができます。

  1. エクスプローラメニューを開きます(左端の垂直メニューの一番上の項目)
  2. [ フォルダ開く ]ボタンを選択します。
  3. 作業中の「 VSC_HelloWorld 」ディレクトリを選択します。 ここに画像の説明を入力 注意:VSコード内でディレクトリを開くと(「 ファイル 」>「 開く... 」などを使用して)、すでに作業領域に入っています。

エクスプローラメニューに、ディレクトリの内容が表示されるようになりました。

次に、VSコードを実行する実際のタスクを定義します。これを行うには、[ タスク] > [ デフォルトのビルドタスクの設定 ]を選択します。ドロップダウンメニューで、「 その他 」を選択します。タスクのいくつかのデフォルト値を含む " tasks.json "という新しいファイルが開きます。これらの値を変更する必要があります。このファイルを更新して次の内容を保存し、保存します。

{
    "version": "2.0.0",
    "tasks": [
        {
            "taskName": "build",
            "type": "shell",
            "command": "g++ HelloWorld.cpp -o helloworld"
        },
        {
            "taskName": "run",
            "type": "shell",
            "command": "${workspaceRoot}/helloworld"
        }
    ]
}
 

上記は、作業ディレクトリ内に隠された.vscodeディレクトリも作成することに注意してください。これはVSコードがプロジェクト固有の設定ファイルを含む設定ファイルを置く場所です。 タスクの詳細については、 こちらをご覧ください

上記の例では、 ${workspaceRoot} は私たちの " VSC_HelloWorld "ディレクトリである作業領域の最上位ディレクトリを参照しています。次に、メソッド内からプロジェクトをビルドするには、[ タスク] > [ ビルドタスクの実行... ]を選択し、作成された「 ビルド 」タスクを選択し、表示されるドロップダウンメニューから「 タスク出力をスキャンせずに続行 」を選択します。次に、「 タスク 」>「 タスクの実行... 」を使用して実行可能ファイルを実行し、作成した「 実行 」タスクを選択することができます。統合端末を開いている場合は、「Hello World!」と表示されます。テキストがそこに印刷されます。

出力を表示できるようになる前に、端末が閉じることがあります。このような場合は、 int i; std::cin >> i; ようなコード行を挿入することができint i; std::cin >> i; main() 関数の最後のreturn文の直前に置かれます。任意の番号を入力して<Enter>を押すと、スクリプトを終了できます。

以上です!これで、VSコード内からC ++スクリプトを作成して実行することができます。

ファーストステップ(C ++):HelloWorld.cpp

典型的には、どの言語で書いても最初のプログラムは "hello world"スクリプトです。この例では、このプログラムを作成し、 Visual Studioコードを使用してデバッグする方法を示します(Visual StudioコードをVSコードと呼びます)。

プロジェクトを作成する

ステップ1は、新しいプロジェクトを作成することです。これは多くの方法で行うことができます。最初の方法はユーザーインターフェイスから直接です。

  1. VSコードプログラムを開く。あなたは標準的なウェルカムスクリーンで挨拶されます(イメージはMacで作業中に撮影されますが、インストールに似ているはずです): VSコードの開始画面
  1. スタート」メニューから「 新規ファイル 」を選択します 。これにより、スクリプトの作成を開始できる新しい編集ウィンドウが開きます。このファイルを保存してください( ファイル > 保存メニューを使用してこれを行うことができます)。この例では、ファイルHelloWorld.cppを呼び出し、それをVSC_HelloWorld /という新しいディレクトリに配置します。

  2. プログラムを書く。これはかなり簡単ですが、次のファイルをファイルに自由にコピーしてください:

#include <iostream>

int main() {
   std::cout << "Hello world!" << std::endl;
   return 0;
}
 

コードを実行する

次に、スクリプトを実行して出力を確認します。これを行うにはいくつかの方法があります。最も簡単なのは、端末を開いて、作成したディレクトリに移動することです。スクリプトをコンパイルしてgccで実行するには、次のように入力します。

$ g++ HelloWorld.cpp -o helloworld
$ ./helloworld
Hello World!
 

さて、プログラムは働いた!しかし、これは本当に私たちが望むものではありません。 VSCode自体の中からプログラムを実行できるのであれば、はるかに良いでしょう。私たちは運がいいです! VSCodeには、「 表示 」>「 統合端末 」メニューからアクセスできる内蔵端末があります。これにより、ウィンドウの下半分にある端末が開き、 VSC_HelloWorldディレクトリに移動して上記のコマンドを実行することができます。

通常は、 実行タスクを実行してこれを行います 。メニューから[ タスク] > [ タスクの 実行... ]を選択します。ウィンドウ上部に小さなポップアップが表示され、エラーメッセージが表示されます

インストールまたはセットアップ

Windowsの場合

  • Windows用のVisual Studioコードインストーラをダウンロードします。
  • ダウンロードが完了したら、インストーラ(VSCodeSetup-version.exe)を実行します。これには1分ほどかかります。

既定では、VSコードは、64ビットマシン用のC:\ Program Files(x86)\ Microsoft VSコードにインストールされます。

注:VS Codeには.NET Framework 4.5.2が必要です。 Windows 7を使用している場合は、.NET Framework 4.5.2がインストールされていることを確認してください。

ヒント:セットアップでは、オプションで%PATH%にVisual Studioコードを追加するので、コンソールから「コード」を入力できます。そのフォルダでVSコードを開きます。 %PATH%環境変数への変更を有効にするには、インストール後にコンソールを再起動する必要があります。

Macで

  • Mac用Visual Studioコードダウンロードしてください
  • ダウンロードしたアーカイブをダブルクリックして内容を展開します。
  • Visual Studio Code.appをApplicationsフォルダにドラッグし、Launchpadで使用できるようにします。
  • アイコンを右クリックし、オプション、Keep in Dockを選択してDockにVSコードを追加します。

また、VSコードをパスに追加した後、 'code'とタイプして端末からVSコードを実行することもできます:

  • 起動VSコード。
  • コマンドパレット(Ctrl + Shift + P)を開き、 'shell command'と入力すると、PATHコマンドにシェルコマンド:Install 'code'コマンドがあります。

新しい$ PATH値が有効になるように端末を再起動します。 'コード'を入力することができます。任意のフォルダ内でそのフォルダ内のファイルの編集を開始できます。

注意:.bash_profile(またはそれに相当するもの)に古いVSコードバージョンの古いコードエイリアスが残っている場合は、それを削除し、PATHコマンドでシェルコマンド:Install 'code'コマンドを実行して置き換えます。

Linuxの場合

DebianとUbuntuベースのディストリビューション

Debian / Ubuntuベースのディストリビューションをインストールする最も簡単な方法は、.debパッケージ(64ビット)をグラフィカルソフトウェアセンターがあればダウンロードしてインストールするか、次のコマンドラインでコマンドラインからインストールすることです。

sudo dpkg -i <file>.deb
sudo apt-get install -f # Install dependencies
 

.debパッケージをインストールすると、aptリポジトリと署名鍵が自動的にインストールされ、通常のシステムメカニズムを使用して自動更新が有効になります。 32ビットと.tar.gzのバイナリもダウンロードページにあります。

リポジトリとキーは、次のスクリプトを使用して手動でインストールすることもできます。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
sudo mv microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/vscode stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode.list'
 

次に、パッケージキャッシュを更新し、次のコマンドを使用してパッケージをインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install code # or code-insiders for insiders build
 

RHEL、Fedora、CentOSベースのディストリビューション

現在、安定した64ビットVSコードをyumリポジトリに格納しています。以下のスクリプトは、鍵とリポジトリをインストールします:

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/vscode.repo'
 

次に、パッケージキャッシュを更新し、dnf(Fedora 22以上)を使用してパッケージをインストールします。

dnf check-update
sudo dnf install code
 

yumを使った古いバージョンでは:

yum check-update
sudo yum install code
 

openSUSEとSLEベースのディストリビューション

上記のyumリポジトリはopenSUSEとSLEベースのシステムでも動作しますが、次のスクリプトはキーとリポジトリをインストールします:

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ntype=rpm-md\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/zypp/repos.d/vscode.repo'
 

次に、パッケージキャッシュを更新し、次のコマンドを使用してパッケージをインストールします。

sudo zypper refresh
sudo zypper install code
 

Arch Linux用のAURパッケージ

VSコード用のコミュニティ管理されたArch User Repository(AUR)パッケージがあります。

.rpmパッケージの手動インストール.rpmパッケージ(64ビット)も手動でダウンロードしてインストールできますが、上記のリポジトリがインストールされていない限り、自動更新は機能しません。ダウンロードしたパッケージは、パッケージマネージャを使用してインストールできます。たとえば、dnf:

sudo dnf install <file>.rpm
 

32ビットと.tar.gzバイナリは、 ダウンロードページでも入手できます