Looking for wildfly Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for wildfly Keywords? Try Ask4Keywords

wildflyワイルドフライを始めよう


備考

ワイルドフラワーロゴ

WildflyはJava EE準拠のアプリケーションサーバです。アプリケーションサーバーとしての主な目的は、EJB、JPA、サーブレット、JAX-RS、バッチ、セキュリティ、トランザクションなどのサポートなど、Javaエンタープライズアプリケーションが通常必要とする一連のツールを提供することです。

Wildflyは、Red HatのJBoss Enterprise Application Platform(EAP)が提供する商用アップストリームプロジェクトです。

バージョン

バージョン発売日
10.1.0.最終 2016-08-19
10.0.0.最終 2016-01-29
9.0.2。最終 2015-10-26
9.0.1。最後 2015-07-23
8.2.1。最後 2015-07-23
最終的な 2015-07-02
8.2.0.最終 2014-11-20
8.1.0.最終 2014-05-30
8.0.0.最終 2014-02-11

インストール

Wildflyのインストールは、ローカルマシンへの配布を解凍するだけです。 Wildflyは公式サイトからダウンロードできます。

それは、インストールのbinディレクトリに解凍した中で、外出先で、実行するとstandalone.sh Linuxシステムまたはのためにstandalone.bat デフォルト設定では、あなたのWildFlyインスタンスを起動するには、Windowsシステム用。いったんあなたのようなものが見えたら

13:16:12,503 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: WildFly Full 10.1.0.Final (WildFly Core 2.2.0.Final) started in 18909ms - Started 331 of 577 services (393 services are lazy, passive or on-demand)
 

http:// localhost:8080 /であなたを待っている新しいWildFlyインスタンスを作成してください。

Fedoraなどの一部のLinuxディストリビューションでは、Wildflyがリポジトリにあり、YUM / DNF: dnf install wildfly ます。しかし、公式の配布とは少し異なるバージョンのライブラリを使用する傾向があるため、これは診断/修正が困難な問題を引き起こす可能性があるため、これはお勧めできません。

Docker経由で実行する

JBossのプロジェクトの一部であるWildflyも、Docker経由で実行できます。 Dockerが正しく設定されているマシンでは、次のコマンドを実行します。

$ docker run -it jboss/wildfly
 

イメージが引っ張られると、コンテナが開始され、次の行が表示されます。

09:44:49,225 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: WildFly Full 10.0.0.Final (WildFly Core 2.0.10.Final) started in 5644ms - Started 267 of 553 services (371 services are lazy, passive or on-demand)
 

これは「空の」Wildflyサーバーです。実際のプロジェクトでは、基本イメージはWAR / EARパッケージ形式のアプリケーションが追加されるように拡張され、 standalone/configuration/standalone.xml 必要な構成変更も加えられstandalone/configuration/standalone.xml

サーバーの起動

Wildlyがディストリビューションを解凍してインストールされると、 bin ディレクトリでstandalone.sh スクリプトを実行することで起動できます。

$ ./bin/standalone.sh 
=========================================================================

  JBoss Bootstrap Environment

  JBOSS_HOME: /mnt/storage/tools/servers/wildfly-10.0.0.Final

  JAVA: java

  JAVA_OPTS:  -server -Xms64m -Xmx512m -XX:MetaspaceSize=96M -XX:MaxMetaspaceSize=256m -Djava.net.preferIPv4Stack=true -Djboss.modules.system.pkgs=org.jboss.byteman -Djava.awt.headless=true

=========================================================================

11:54:33,781 INFO  [org.jboss.modules] (main) JBoss Modules version 1.5.1.Final
11:54:34,096 INFO  [org.jboss.msc] (main) JBoss MSC version 1.2.6.Final
11:54:34,193 INFO  [org.jboss.as] (MSC service thread 1-6) WFLYSRV0049: WildFly Full 10.0.0.Final (WildFly Core 2.0.10.Final) starting
...
...
11:54:37,653 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: WildFly Full 10.0.0.Final (WildFly Core 2.0.10.Final) started in 4357ms - Started 273 of 559 services (374 services are lazy, passive or on-demand)
 

引数を指定しないと、デフォルト設定が使用されます。デフォルトの設定を上書きするには、コマンドラインで引数を指定します。

--admin-only                        Set the server's running type to
                                    ADMIN_ONLY causing it to open
                                    administrative interfaces and accept
                                    management requests but not start other
                                    runtime services or accept end user
                                    requests.


-b <value>, -b=<value>              Set system property jboss.bind.address
                                    to the given value


-b<interface>=<value>               Set system property
                                    jboss.bind.address.<interface> to the
                                    given value


-c <config>, -c=<config>            Name of the server configuration file
                                    to use (default is "standalone.xml")
                                    (Same as --server-config)


--debug [<port>]                    Activate debug mode with an optional
                                    argument to specify the port. Only
                                    works if the launch script supports it.


-D<name>[=<value>]                  Set a system property


-h, --help                          Display this message and exit


--read-only-server-config=<config>  Name of the server configuration file
                                    to use. This differs from
                                    '--server-config' and '-c' in that the
                                    original file is never overwritten.


-P <url>, -P=<url>,                 Load system properties from the given
     --properties=<url>             url


-S<name>[=<value>]                  Set a security property


--server-config=<config>            Name of the server configuration file
                                    to use (default is "standalone.xml")
                                    (Same as -c)


-u <value>, -u=<value>              Set system property
                                    jboss.default.multicast.address to the
                                    given value


-v, -V, --version                   Print version and exit


-secmgr                             Runs the server with a security manager
                                    installed.