wso2esbWSO2 ESB - ローカルエントリ


備考

WSO2レジストリには、コンテンツストアとメタデータリポジトリがあります。

WSO2製品、特にWSO2では、ESBはメタデータ、アーティファクト(WSDL、XSDなど)、エンドポイント、シーケンスなどの他のサービス構成を格納するためにレジストリを使用します。

WSO2のレジストリESBには3つの味があります。

  • ローカルレジストリ
  • 構成レジストリ
  • ガバナンスレジストリ

ローカルレジストリ: ESBノードに固有の構成とメタデータを格納するために使用できます。これは、クラスタまたはピアESBノード内のすべてのESBノードで共有することはできません。

The mount path of local registry is  /_system/local

ローカルレジストリエントリまたはローカルエントリは、メディエータから簡単に取得できる文字列、URL、XSD / XSLTを格納するのに非常に便利です。これらのローカルエントリは、以下のエントリによってメディエータ/シーケンスからアクセスすることができる。

<localEntry key="validate_schema">

ローカルエントリは、以下の方法でESB管理コンソールからアクセスでき、アーティファクトを簡単に追加できます。

ここに画像の説明を入力

WSO2 ESB - ローカルエントリ 関連する例