Looking for x++ Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for x++ Keywords? Try Ask4Keywords

x++x ++を使い始める


備考

X ++はC#と似ているオブジェクト指向言語です。 X ++は、会計およびビジネス管理システムの構築に使用するMorphX開発プラットフォームの一部です。

MSDN: X ++プログラミングガイド

バージョン

バージョン追加情報発売日
7 Dynamics 365エンタープライズ版 2016-03-01
6 Dynamics AX 2012 2011-08-01
5 Dynamics AX 2009 2008年06月02日
4 Dynamics AX 4.0 2006-06-09
3 Dynamics AX 3.0 2002-10-01
2 Dynamics AX 2.5 2000-12-01

こんにちは世界

6

この例では、Dynamics AX内でX ++コードを実行できるジョブを作成する方法を説明します。

アプリケーションオブジェクトツリー(AOT)にジョブというノードがあります。このサンプルを[ジョブ]ノードの下に追加して、ジョブを実行することができます。

  1. Dynamics Axe内で、AOT(Application Object Tree)を開きます。

  2. ジョブに移動し、ノードを右クリックします。

  3. 新しいジョブをクリックすると、Axがコードエディタウィンドウを開きます。

  4. コードエディタ内に次のテキストを入力します。 F5キーを押してコードを実行できます。

static void Job1(Args _args)  // Job1 will be the name of the job in the AOT
{
        
    ;  // This semicolon is necessary to mark the end of variable declarations in versions AX 2009 and lower.  If you are interested in the details see https://stackoverflow.com/questions/1976080/is-semicolon-really-needed-after-declarations-in-x
    
    info('Hello world.');   // Shows the text "Hello world" in a dialog called "infolog"

}
 

インストールまたはセットアップ

x ++のセットアップまたはインストールに関する詳細な手順