Looking for amazon-redshift Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for amazon-redshift Keywords? Try Ask4Keywords

amazon-redshiftamazon-redshiftを使い始める


備考

このセクションでは、amazon-redshiftの概要と、開発者がそれを使いたい理由について概説します。

また、アマゾンの赤方偏移の中にある大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクしてください。 amazon-redshiftのドキュメンテーションは新しいものなので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

Amazonのredshiftデータベースに接続し、Node.jsを使用してデータを配列にフェッチする

JDBCを使用してamazon redshiftを接続する最善の方法、バージョンごとに適切なドライバを使用するhttp://docs.aws.amazon.com/redshift/latest/mgmt/configure-jdbc-connection.html

ステップ1:npm install jdbc

ステップ2:

var JDBC = require('jdbc');
var jinst = require('jdbc/lib/jinst');
// isJvmCreated will be true after the first java call.  When this happens, the
// options and classpath cannot be adjusted.
if (!jinst.isJvmCreated()) {
  // Add all java options required by your project here.  You get one chance to
  // setup the options before the first java call.
  jinst.addOption("-Xrs");
  // Add all jar files required by your project here.  You get one chance to
  // setup the classpath before the first java call.
  jinst.setupClasspath(['./drivers/hsqldb.jar',
                        './drivers/derby.jar',
                        './drivers/derbyclient.jar',
                        './drivers/derbytools.jar',
                        './lib/drivers/RedshiftJDBC41-1.1.10.1010.jar'
                        ]);
}

var config = {
  url: 'jdbc:redshift://test-redshift.czac2vcs84ci.us-east-.redshift.amazonaws.com:5439/testredshift?user=redshift&password=W9P3GC42GJYFpGxBitxPszAc8iZFW',
  drivername: 'com.amazon.redshift.jdbc41.Driver',
  user : 'username',
  password: 'password',
  minpoolsize: 10,
  maxpoolsize: 100
};
var hsqldbInit = false;
GLOBAL.hsqldb = new JDBC(config);`
 

ステップ3:npm install async(非同期モジュールを使用してコードを照会する)(オプション)

ステップ-4:手動でデータベース名のテストとテーブルsample_dataを作成し、amazon redshiftデータベースコマンドを見つけます

ステップ-5:

var asyncjs = require('async');
hsqldb.reserve(function(err, connObj) {
    if (connObj) {
        console.log("Connection: " + connObj.uuid);
        var conn = connObj.conn;
        asyncjs.series([
            function(callback) {
                conn.createStatement(function(err, statement) {
                    if (err) {
                        callback(err);
                    } else {
                        statement.setFetchSize(100, function(err) {
                            if (err) {
                                callback(err);
                            } else {
                              statement.executeQuery("SELECT * FROM test.sample_data", function(err, resultset) {
                                resultset.toObjArray(function(err,sresults){
                                  console.log(sresults);
                                });   
                              });   
                           }
                        })
                      }
                    })
                 }
              ]) 
         }
      })
 

インストールまたはセットアップ

ステップバイステップガイド( Amazon Redshiftを使い始める )に示されているように、

  • 手順1:前提条件を設定する

  • 手順2:Amazon Redshift Clusterのサンプルを起動する

  • 手順3:クラスタへのアクセスを認可する

  • 手順4:サンプルクラスタに接続する

前提条件の設定

前提条件の設定には、AWSアカウントへのサインアップとSQL Workbench / JなどのSQLクライアントドライバとツールのインストールが含まれます

SQL Workbench Jをインストールして構成するには:

  • このリンクを使用して、すべてのシステム( sql-workbench )の汎用パッケージをダウンロードします。すべての前提条件がインストールされていると仮定します。
  • 適切なJDBC / ODBCドライバを入手してください。
  • インストールディレクトリのスクリプトを使用してSQL-Workbenchを起動します。
  • 接続ウィンドウを開く>ドライバの管理>ドライバファイルを参照して選択します。
  • 「接続プロファイルの選択」ウィンドウでドライバボックスで作成したドライバを選択します。作成された赤方偏移クラスタ(Amazon RedshiftコンソールからのJDBC URL)とマスターユーザーのユーザー名、パスワードからURLを貼り付けます。

Amazon Redshift Clusterのサンプルを起動する

  • Amazon Redshift DashboardからLaunch Clusterをクリックします。
  • クラスタの詳細ページで、クラスタ識別子、データベース名、データベースポート(クラスタが作成された後はポート番号を変更できないため、ファイアウォールの開いているポートを選択します)、マスターユーザー名、マスターユーザーパスワードを選択します。ノード構成ページで、バージョン(赤方偏移バージョン)、ノードタイプ、クラスタタイプ、および計算ノード数を選択します。
  • 選択したEC2-VPCまたはEC2 Classicプラットフォームに基づいて、クラスタを認可する際のセキュリティ手順が異なります。残りのページについては、現在デフォルト設定を使用することができます。

クラスタを承認する

EC2-VPCプラットフォームの場合は、ナビゲーション区画からRedshift clusterタブを開いて作成したクラスタ名をクリックし、設定タブに移動します。クラスタプロパティで、セキュリティグループを選択します。インバウンドおよびアウトバウンドのタブ(プロトコル、ポート範囲、ソース)の要件に従って、インバウンドおよびアウトバウンドのルールを編集します。

EC2-Classic Platformの場合は、ナビゲーションペインのRedshift clusterタブを開いて作成したクラスタ名をクリックし、設定タブに移動します。 「クラスタ・プロパティ」の「クラスタ・セキュリティ・グループ」で、デフォルトを選択します。次に、[クラスタセキュリティグループ]の[セキュリティグループ]タブで、クラスタセキュリティグループを選択します。 [セキュリティグループの接続]タブの接続タイプから[CIDR / IP]を選択し、IP /ポートで認証します。

サンプルクラスタに接続する

前提条件の設定の最後のステップに従ってください。