applescriptAppleScriptを使い始める


備考

AppleScriptは1993年にMacが始まった今日のMacに先立つ言語です。他のスクリプト言語には完全な機能を備えたライブラリとより堅牢な構文がありますが、AppleScriptのパワーはMacアプリケーションを自動化するためのものです。

どのMacアプリケーションにも、スクリプト辞書を含めることができます。スクリプト辞書を使用すると、スクリプトに含まれているアイテムや実行可能なアクションをスクリプトで知ることができます。

スクリプトは、その情報を使用して繰り返しタスクを自動化し、さまざまなアプリケーション間に「接着剤」を形成し、完全にカスタマイズ可能なワークフローを形成することができます。

バージョン

バージョン OSリリース発売日
1.6 10.0 2001年3月24日
1.7 10.1 2001年9月25日
1.9 10.2 2002-08-23
1.9.2 10.3 2003年10月24日
1.10 10.4 2005-04-29
2.0 10.5 2007年10月26日
2.1 10.6 2009-08-28
2.2 10.7 2011年7月20日
2.2.4 10.8 2012-07-25
2.3 10.9 2013年10月22日
2.4 10.10 2014年10月16日
2.5 10.11 2015-06-08

スクリプト辞書の調査

AppleScriptの強みは、多くのMacアプリケーションを自動化できることです。あなたが自動化できるものを見つけるには、アプリのスクリプト辞書を読む必要があります。

これを行うには、Script Editorを起動し、File> Open Dictionary ...を選択します。

辞書ウィンドウを開く

アプリを選択すると、辞書が新しいウィンドウで開きます。ウィンドウの上部には、Finderのような列ビューが表示されます。最初の列には、AppleScript用語のさまざまな「スイート」が含まれています。 「Standard Suite」には、ほとんどのアプリケーション(たとえば、 openclosesaveprint )に適用される項目が含まれ、他のスイートはカスタム動作を定義します。

辞書ウィンドウ

あなたの最初のAppleScript

  1. スクリプトエディタを開きます。
2.1 2.4

Mac OS X Leopard以前、およびOS X Yosemite以降では、Script Editorは

/Applications/Utilities/Script Editor.app
 
2.1 2.4

Mac OS X Snow LeopardとOS X Mavericksの間では、Script EditorはAppleScript Editorです。

/Applications/Utilities/AppleScript Editor.app
 
  1. 次のコード行を入力します。

    display dialog "Hello World"
     
  2. 実行ボタンをクリックします。

    2つのことが起こります。スクリプトエディタはスクリプトをコンパイルします(エラーがあれば、何が間違っていてどこにどこにあるかを知らせます)。

  3. 「Hello World」というダイアログが表示されます。

あなたは最初のスクリプトを完成させました!

コードが行うこと:

display dialog は2つの単語を使用しますが、1つのコマンドです。これはAppleScriptでは共通ですが、通常はスペースを入れずに単語を結合する必要がある他の言語とは異なります。 display dialog コマンドはAppleScriptにポップアップダイアログを表示するよう指示します。

この二重引用符の最後の部分は、スクリプトにどのテキストを表示するかを指示します。