GnuplotGnuplotの使い方


備考

このセクションでは、gnuplotの概要と開発者がなぜそれを使いたいのかを概説します。

また、gnuplot内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 gnuplotのドキュメントは新しくなっているので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

バージョン

バージョン最後のパッチレベル 最終リリース日
5.0.x 5.0.5 2016-10-09
4.6.x 4.6.7 2015-04-28
4.4.x 4.4.4 2011-11-13
4.2.x 4.2.6 2007-07-01
4.0.x 4.0.0 2004-04-01

プログラミング言語のルールの基本的な紹介

gnuplot 5.0の公式オンラインドキュメント:

gnuplotコマンド言語は大文字と小文字区別され、 小文字で書かすなわちコマンドや関数名は大文字で書かれたものと同じではありません。省略形があいまいでない限り、すべてのコマンド名を省略することができます。任意の数のコマンドがセミコロンで区切られた行に表示され; 。 (T. Williams、C. Kelley- gnuplot 5.0、インタラクティブプロッティングプログラム

これらの基本規則のいくつかの例は、

1.大文字と小文字を区別する言語

小文字で定義されたコマンドを大文字で入力すると、 invalid command 警告が生成されます

gnuplot> set xlabel "x"
gnuplot> Set xlabel "x"
         ^
         invalid command
 

また、 N 変数は異なるであろうn 1。

2.略語

ほぼ完全な略語の一覧があります 。とにかく、 gnuplotのコマンドの最初の3文字は、常に略語として機能します。いくつかのコマンドは、より強力な縮小を可能にします。少しの例を以下に示します。

gnuplot> p sin(x)
gnuplot> rep 
gnuplot> q
 

ここで、 pplot 表し、 repreplot を表し、 qquit 表します。

セパレータ

一行でコマンドを区切る記号は次のとおりです;

set title "My First Plot"; plot 'data'; print "all done!"

5.コメント

コメントは次のようにサポートされています:行のほとんどの場所に# が表示され、gnuplotは残りの行を無視します。つまり、引用符、内部の数字(複素数を含む)、コマンドの置換などの内部では、この効果はありません。 ( Ibidem

単純な「どこでもうまくいく」ルール覚えておいてください。

gnuplot> # this is a comment, nothing will happen
gnuplot> plot sin(x) # another valid comment
gnuplot> plot sin(#x)
                  ^
         invalid expression 
 

4.コマンドの拡張

コマンドは複数の入力行にまたがることがありますが、各行は最後にバックスラッシュ( \ )を付けて終了します。バックスラッシュは各行の最後の文字でなければなりません。その効果は、バックスラッシュと改行がなかったかのようです。つまり、空白も含意もコメントも終了しません。したがって、継続行をコメントアウトすると、コマンド全体がコメントアウトされます。 ( Ibidem

たとえば、 plot コマンドを複数の行に分割するには、

plot\
    sin(x),\
    cos(x)
 

同じようにプロットします

plot sin(x), cos(x)
 

「継続している行をコメントアウトしてコマンド全体をコメントアウトする」という少し注意してください。コマンドを入力すると

plot\
    sin(x),\ # I would like to comment here
    cos(x)
 

エラーが発生します。

gnuplot> plot\
>        sin(x),\ # I would like to comment here
                            ^
         invalid character \
 

ですから、 # コメントを使っている間 、ルールを"どこでもうまくいく"ように注意し、尊重する方が良いでしょう。

インストールまたはセットアップ

Gnuplotは移植可能なコマンドライン駆動のグラフ作成ユーティリティです。この例では、さまざまなプラットフォームでgnuplotを設定する方法を示します。

Windows

  1. gnuplotサイトからインストーラの最新バージョンをダウンロードしてください。

  2. ダウンロードしたファイルを実行し、必要に応じて管理者として実行できるようにする

  3. セットアップウィンドウで言語を選択し、画面の指示に従います。

  4. (オプション)インストール時に、PATHに追加するgnuplotを選択すると、コマンドラインのどこからでもコマンドを実行できます。そうしない場合は、あとで手動で追加するか、コマンドを実行する前にgnuplotがインストールしたディレクトリにcd してください。

Windowsでのgnuplotのデフォルトのインストール先はC:\Program Files (x86)\gnuplot

注:ファイル名は次の形式になります: gp<version>-win32-mingw.exe

Linux

Linuxでのインストールは、以下のように異なるパッケージマネージャーから行うことができます。

アーチ

$ sudo pacman -S gnuplot
 

DebianとUbuntu

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gnuplot
 

CentOS / RedHat

$ sudo yum check-update
$ sudo yum install gnuplot
 

フェドラ

$ sudo dnf check-update
$ sudo dns install gnuplot
 

Mac OSX

ホームブリューを使う

$ brew install gnuplot
 

MacPortsの使用

$ sudo port install gnuplot
 

インストールをテストする

gnuplotをインストールした後は、すべてが正常に動作していることを確認するための簡単な例を実行することをお勧めします。

  1. あなたの端末を開く
  2. gnuplot 入力します。
  3. あなたのプロンプトはgnuplot>
  4. タイプ: plot sin(x)

すべてがうまくいけば、gnuplotによって生成されたsin(x)グラフィックが表示されます。

注意: Windows上でgnuplotPATH 追加していない場合は、 <gnuplot_install_path>\bin フォルダに移動する必要があります。デフォルトの場所は次のとおりですC:\Program Files (x86)\gnuplot\bin