GNU/Linux'tar'コマンドによるファイル圧縮

パラメーター

共通オプション -
-c --create 新しいアーカイブを作成します。
-x - extract アーカイブからファイルを抽出します。
-t --list アーカイブの内容を一覧表示します。
-f --file = ARCHIVE アーカイブファイルまたはディレクトリARCHIVEを使用してください。
-v --verbose 処理されたファイルを冗長にリストします。
圧縮オプション -
-a --auto-compress アーカイブサフィックスを使用して、圧縮プログラムを決定します。
-j --bzip2 bzip2でアーカイブをフィルタリングします。
-J - xz --lzma アーカイブをxzでフィルタリングします。
-z --gzip gzipでアーカイブをフィルタリングします。

'tar'コマンドによるファイル圧縮 関連する例