ruby-on-rails-4ruby-on-rails-4を使い始める


備考

このセクションでは、ruby-on-rails-4の概要と、なぜ開発者がそれを使いたいのかを概説します。

また、Ruby-on-rails-4内の大きなテーマについても言及し、関連するトピックにリンクする必要があります。 ruby-on-rails-4のドキュメントは新しくなっているので、それらの関連トピックの初期バージョンを作成する必要があります。

インストールまたはセットアップ

Ubuntu 16.04 Xenial XerusのRuby On Railsをセットアップする

すべてのコマンドはLinux端末で実行する必要があります(ホットキー: Ctrl + Alt + T

開発環境では、ローカルマシンにRubyをインストールする必要があります。最初のステップは、Rubyのいくつかの依存関係をインストールすることです。

sudo apt-get update
sudo apt-get install git-core curl zlib1g-dev build-essential libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt1-dev libcurl4-openssl-dev python-software-properties libffi-dev
 

Rubyは、次の3つの方法のいずれかを使用してインストールできます。これらの中にはお互いに矛盾するものがありますので、あなたにとって最も興味深いものを選んでください。

最初の方法: rbenv インストールする

cd
git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/plugins/ruby-build/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL

rbenv install 2.3.3
rbenv global 2.3.3
ruby -v
 

最後のステップはBundlerをインストールすることです:

gem install bundler
 

2番目の方法: rvm インストール

sudo apt-get install libgdbm-dev libncurses5-dev automake libtool bison libffi-dev
gpg --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3
curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stable
source ~/.rvm/scripts/rvm
rvm install 2.3.3
rvm use 2.3.3 --default
ruby -v
 

最後のステップはBundlerをインストールすることです:

gem install bundler
 

3番目の方法:ソースからのインストール

cd
wget http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.3/ruby-2.3.3.tar.gz
tar -xzvf ruby-2.3.3.tar.gz
cd ruby-2.3.3/
./configure
make
sudo make install
ruby -v
 

最後のステップはBundlerをインストールすることです:

gem install bundler
 

Railsのインストール

Railsには最近多くの依存関係が存在していますので、NodeJSのようなJavaScript実行時間をインストールする必要があります。これにより、より高速なプロダクション環境を提供するために、JavaScriptを組み合わせ、縮小したCoffeeスクリプトとAsset Pipeline in Railsを使用できます。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_4.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs
 

今すぐRails 4.2.6 をインストールしてください

gem install rails -v 4.2.6 (you may set a specific version of rails)
 

rbenv を使用している場合は、次のコマンドを実行します。

rbenv rehash
 

次に、 rails -v を実行して、すべてが正しくインストールされていることを確認します。それはあなたのレールのバージョンを取得する必要があります。 # Rails 4.2.6

UbuntuでのRuby On Railsのセットアップ16.10 Yakkety Yak

これには約30分かかります。 Ruby on Rails開発環境をUbuntu 16.10 Yakkety Yakに設定する予定です。

Ctrl + Alt + Tを使用して端末を開きます。

Rubyのインストール


最初のステップは、Rubyの依存関係をインストールすることです。

sudo apt-get update
sudo apt-get install git-core curl zlib1g-dev build-essential libssl-dev libreadline-dev libyaml-dev libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt1-dev libcurl4-openssl-dev python-software-properties libffi-dev nodejs
 

Rubyバージョン2.4.0を使用します。 3つの方法のいずれかを使用してRubyをインストールします。それぞれが独自の利点を持っていますが、ほとんどの人はrbenvを好んでいますが、rvmに精通していればそれをお試しください。

注: rbenv ユーザーは、 bundler をインストールした後にrbenv rehash を実行する必要があります。

rbenvrbenv インストールする:

cd
git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/plugins/ruby-build/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL

rbenv install 2.4.0
rbenv global 2.4.0
ruby -v
 

次に、Bundlerをインストールします。

gem install bundler
 

bundlerをインストールしrbenv rehash 使用してください。

rvmrvm インストールする:

sudo apt-get install libgdbm-dev libncurses5-dev automake libtool bison libffi-dev
gpg --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3
curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stable
source ~/.rvm/scripts/rvm
rvm install 2.4.0
rvm use 2.4.0 --default
ruby -v
 

次に、Bundlerをインストールします。

gem install bundler
 

ソースによるインストール:

cd
wget http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.0.tar.gz
tar -xzvf ruby-2.4.0.tar.gz
cd ruby-2.4.0/
./configure
make
sudo make install
ruby -v
 

最後に、Bundlerをインストールします。

gem install bundler
 

Railsのインストール


最近、Railsには非常に多くの依存関係があるため、NodeJSのようなJavaScriptランタイムをインストールする必要があります。これにより、より速い実稼働環境を提供するために、JavaScriptを結合したり、縮小したりする、Coffee-scriptとAsset Pipeline in Railsを使用できます。

公式リポジトリを使用してNodeJSをインストールします。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_4.x | sudo -E bash -
sudo apt-get install -y nodejs
 

Rails 4.2.7 インストールしRails 4.2.7

gem install rails -v 4.2.7.1
 

rbenv を使用している場合は、次のコマンドを実行して、railsの実行可能ファイルを使用可能にします。

 rbenv rehash
 

Railsがインストールされましたrails -v を実行して、 rails -v 正しくインストールされていることを確認します。

rails -v
# Rails 4.2.7.1
 

何らかの理由で別の結果が得られた場合は、環境が正しく設定されていない可能性があります。


PostgreSQLを設定する

Railsには、デフォルトのデータベースとしてsqlite3が付属しています。ディスクにシンプルファイルとして保存されているため、使用したくない可能性があります。おそらく、MySQLやPostgreSQLのようにより堅牢なものが必要になるでしょう。

両方のドキュメントがたくさんあるので、あなたはもっと快適に思えるものを選ぶことができます。

sudo sh -c "echo 'deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ xenial-pgdg main' > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list"
wget --quiet -O - http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
sudo apt-get install postgresql-common
sudo apt-get install postgresql-9.5 libpq-dev
 

PostgreSQLのインストールではユーザが設定されないので、データベースを作成する権限を持つユーザを作成するには、以下の手順に従う必要があります。あなたのユーザー名でHizqeel を交換してください。

sudo -u postgres createuser hizqeel -s

# If you would like to set a password for the user, you can do the following
sudo -u postgres psql
postgres=# \password hizqeel