Looking for spring-boot Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for spring-boot Keywords? Try Ask4Keywords

spring-bootSpringブートCLIのインストール


前書き

Spring起動CLIを使用すると、コマンドラインからSpring起動アプリケーションを簡単に作成して使用できます。

備考

SpringブートCLIをインストールすると、 springコマンドを使用して実行できます。

コマンドラインヘルプを表示するには:

$ spring help

最初のSpringブートプロジェクトを作成して実行するには:

$ spring init my-app
$ cd my-app
$ spring run my-app

ブラウザを開いてlocalhost:8080

$ open http://localhost:8080

アプリケーションにまだリソースを追加していないため、ホワイト・ラベルのエラー・ページが表示されますが、次のファイルだけを用意する準備が整いました。

my-app/
├── mvnw
├── mvnw.cmd
├── pom.xml
└── src/
    ├── main/
    │   ├── java/
    │   │   └── com/
    │   │       └── example/
    │   │           └── DemoApplication.java
    │   └── resources/
    │       └── application.properties
    └── test/
        └── java/
            └── com/
                └── example/
                    └── DemoApplicationTests.java
  • mvnwmvnw.cmd - 最初の使用時にMavenをダウンロードして(必要に応じて)インストールするMavenラッパースクリプト。
  • pom.xml - Mavenプロジェクト定義
  • DemoApplication.java - Springブートアプリケーションを起動するメインクラスです。
  • application.properties - 外部化された構成プロパティーのファイル。 ( .yml拡張子を.ymlこともできます)。
  • DemoApplicationTests.java - Springブートアプリケーションコンテキストの初期化を検証する単体テスト。

SpringブートCLIのインストール 関連する例