Looking for tomcat Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for tomcat Keywords? Try Ask4Keywords

tomcatJNDIデータソースの設定


パラメーター

属性詳細
認証 (文字列)Webアプリケーションコードがプログラムで対応するリソースマネージャにサインオンするかどうか、またはコンテナがアプリケーションの代わりにリソースマネージャにサインオンするかどうかを指定します。この属性の値は、アプリケーションまたはコンテナでなければなりません。この属性は、WebアプリケーションがWebアプリケーションデプロイメント記述子でresource-ref要素を使用する場合に必要ですが、アプリケーションがresource-env-refを代わりに使用する場合はオプションです。
driverClassName (String)使用するJDBCドライバーの完全修飾Javaクラス名。ドライバは、データベース接続プールjarと同じクラスローダからアクセス可能でなければなりません。
工場 (String)接続データソースファクトリへの完全なパス。
initialSize (int)プールの開始時に作成される初期接続数。デフォルト値は10です。
maxIdle (int)常にプール内に保持する必要のある確立された接続の最小数。検証クエリが失敗した場合、接続プールはこの数より小さくなることがあります。デフォルト値はinitialSize = 10から導かれます。
maxTotal / maxActive (int)このプールから同時に割り当てることができるアクティブな接続の最大数。デフォルト値は100です。この属性名はプールの実装によって異なり、ドキュメントは多くの場合正しくないことに注意してください。
maxWaitMillis / maxWait (int)例外をスローする前にプールが返す接続の待機時間(ミリ秒)です(使用可能な接続がない場合)。デフォルト値は30000(30秒)です。この属性名はプールの実装によって異なり、ドキュメントはしばしば間違っていることに注意してください。
(String)JNDIコンテキストにバインドするために使用される名前。
パスワード (String)DB接続パスワード。
URL (String)(String)JDBC接続URLです。
ユーザー名 (String)DB接続のユーザー名。
testOnBorrow (boolean)オブジェクトがプールから借用される前に検証されるかどうかの指示。オブジェクトが検証に失敗した場合、オブジェクトはプールから削除され、別のオブジェクトを借用しようとします。注 - 真の値が何らかの効果を持つためには、validationQueryまたはvalidatorClassNameパラメータをnull以外の文字列に設定する必要があります。より効率的な検証を行うには、validationIntervalを参照してください。デフォルト値はfalseです。
validationQuery (String)呼び出し元に返す前に、このプールからの接続を検証するために使用されるSQLクエリです。指定すると、このクエリはデータを返す必要はなく、SQLExceptionをスローすることはできません。デフォルト値はnullです。例の値はSELECT 1(mysql)、デュアル(oracle)から1を選択、SELECT 1(MS SQL Server)

備考

属性

使用可能な属性のリストは、 TomcatのJDBC接続プールのリファレンスドキュメントで詳しく説明されています。上記の例で使用されている属性のみが、ここのパラメータセクションで説明されています。

DBCPとTomcatのJDBC接続プール

参照ドキュメントの多くの場所は、DBCP接続プールの使用を参照しています。実際にTomcatで接続プールの実装が実際に使用されている履歴は、複雑で紛らわしいものです。使用されているTomcatのバージョンによって異なります。ファクトリを明示的に指定するのが最善です。

リファレンスドキュメント

JNDIデータソースの設定 関連する例