opencv画像処理


構文

  1. Gaussian BlurシンタックスC ++: void GaussianBlur(InputArray src、OutputArray dst、Size ksize、double sigmaX、double sigmaY = 0、int borderType = BORDER_DEFAULT)

パラメーター

ガウスぼかしのパラメータ詳細
src 入力画像の場合、画像は独立して処理される任意の数のチャンネルを持つことができますが、深さはCV_8UCV_16UCV_16SCV_32FまたはCV_64Fなければなりません。
DST srcと同じサイズとタイプの出力イメージ
ksize ガウスカーネルサイズ。 ksize.widthksize.heightは異なる場合がありますが、両方とも正と奇数でなければなりません。あるいは、ゼロにすることもできますし、シグマ*から計算することもできます。
sigmaX X方向のガウスカーネル標準偏差。
sigmaY Y方向のガウスカーネル標準偏差。 sigmaYが0の場合、それはsigmaXと等しくなるように設定され、両方のsigmasが0の場合、 ksize.widthksize.heightから計算されます。このセマンティクスの将来の変更に関係なく結果を完全に制御するには、 ksizesigmaX 、およびsigmaYすべてを指定することをお勧めします。
borderType ピクセル外挿法。

備考

トピックが非常に広いので、他の多くの例を含める必要があるので、ガウスのぼかしに固有の構文とパラメータをこの場所に配置するのは意味がないと思います

画像処理 関連する例