opencvC ++でのコントラストと明るさ


構文

  • void cv :: Mat :: convertTo(OutputArray m、int rtype、doubleアルファ= 1、ダブルベータ= 0)const

パラメーター

パラメータ詳細
m 出力行列;操作の前に適切なサイズまたはタイプがない場合は、再割り振りされます
rtype チャネルの数が入力と同じであるため、所望の出力行列タイプ、またはむしろ深さ。 rtypeが負の場合、出力行列は入力と同じ型になります
アルファオプションのスケールファクタ。これにより、画像のコントラストが変更されます。 1より小さい値はコントラストを減少させ、1より大きい値はコントラストを増加させる
ベータスケーリングされた値にオプションのデルタが追加されました。正の値は明るさを増やし、負の値は明るさを減少させます

備考

コントラスト

コントラストは、オブジェクト(またはイメージまたはディスプレイ内でのその表現)を区別可能にする輝度または色の違いです。ピクセルとその隣接ピクセルとの差が大きいほど、その領域のコントラストは高くなる。

明るさ

言い換えれば、明るさは、視覚目標の輝度によって引き出される知覚である。ピクセルに関しては、ピクセルの値が高いほどそのピクセルは明るくなります。

コントラストと明るさの調整:

g(i、j)=α・f(i、j)+β

f(x)を出力画像画素、 g(x)を出力画像画素とする。

ijは、画素がi行j列に位置していることを示す。

パラメータα > 0およびβは、しばしば利得およびバイアスパラメータと呼ばれる。これらのパラメータは、それぞれ、 コントラストおよび輝度を制御すると言われることがある。

OpencvにはconvertTo()という関数があり、この関数はこれら2つの操作を適用できます。

ソース: http : //docs.opencv.org/trunk/d3/d63/classcv_1_1Mat.html#adf88c60c5b4980e05bb556080916978b http://opencv-srf.blogspot.ca/2013/07/change-contrast-of-image-or-video .html http://opencv-srf.blogspot.ca/2013/07/change-brightness.html

C ++でのコントラストと明るさ 関連する例