Looking for typescript Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for typescript Keywords? Try Ask4Keywords

TypeScript外部ライブラリのインポート


構文

  • import {component} from 'libName'; // Will import the class "component"
  • import {component as c} from 'libName'; // Will import the class "component" into a "c" object
  • import component from 'libname'; // Will import the default export from libName
  • import * as lib from 'libName'; // Will import everything from libName into a "lib" object
  • import lib = require('libName'); // Will import everything from libName into a "lib" object
  • const lib: any = require('libName'); // Will import everything from libName into a "lib" object
  • import 'libName'; // Will import libName module for its side effects only

備考

この構文では、

import * as lib from 'libName';

そして

import lib = require('libName');

同じものですが、そうではありません!

TypeScript固有のexport =構文でexport =されたPersonクラスをインポートしたいと考えてみましょう:

class Person {
...
}
export = Person;

この場合、es6構文でインポートすることはできません(コンパイル時にエラーが発生します)。TypeScript固有のimport =構文を使用する必要があります。

import * as Person from 'Person';  //compile error
import Person = require('Person');  //OK

逆の言い方をすると、クラシックモジュールは2番目の構文でインポートすることができます。最後の構文は、すべてのエクスポートをインポートできるのでより強力です。

詳細については、 公式文書を参照してください。

外部ライブラリのインポート 関連する例