Looking for uwp Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for uwp Keywords? Try Ask4Keywords

uwpWebViewでのJavaScriptの使用


前書き

このドキュメントでは、WebViewでJavaScriptを使用する方法を説明します。

このドキュメントでは、WebViewからHTMLを取得する、Webサイトのテキストボックスにテキストを入力する、SimulateをクリックしてWebサイトのボタンをクリックする

構文

  • await webView.InvokeScriptAsync("eval", new string[] { functionString }) - JavaScriptを使用する
  • .documentElement - ドキュメントのルートノードへの参照を取得する
  • .getElementsByClassName(Class_Name) - 要素を取得するクラス名を取得する
  • .getElementsByTagName(Tab_Name) - タグ名を使用して要素を取得する
  • .getElementById(ID) - IDを使用して要素を取得する
  • .nodeName - ノード名を取得する
  • .childNodes - 子要素を取得する
  • .outerHTML - 外部HTMLを取得する
  • .innerHTML - 内部HTMLを取得する
  • .innerText - InnerTextを取得または設定する
  • .click() - クリックをシミュレートする

備考

WebViewでのJavaScriptの使用 関連する例