Looking for docker Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for docker Keywords? Try Ask4Keywords

DockerDockerを使い始める


備考

Dockerは、 ソフトウェアコンテナ内でのアプリケーションの展開を自動化するオープンソースのプロジェクトですこれらのアプリケーションコンテナは、互いに分離して実行されるホストであるため、軽量の仮想マシンに似ています。

Dockerは、最近のLinuxカーネルに存在する機能が適切に機能することを要求します。したがって、Mac OSXおよびWindowsホストでは、Linuxを実行する仮想マシンがドッカーが正しく動作するために必要です。現在、この仮想マシンのインストールと設定の主な方法は、VirtualBoxを内部で使用しているDocker Toolbox経由ですが、オペレーティングシステムのネイティブ仮想化機能を使用して、この機能をドッカー自体に統合する計画があります。 Linuxシステムでは、ドッカーはホスト自体でネイティブに動作します。

バージョン

バージョン発売日
17.05.0 2017-05-04
17.04.0 2017-04-05
17.03.0 2017-03-01
1.13.1 2016-02-08
1.12.0 2016-07-28
1.11.2 2016-04-13
1.10.3 2016-02-04
1.9.1 2015-11-03
1.8.3 2015-08-11
1.7.1 2015-06-16
1.6.2 2015-04-07
1.5.0 2015-02-10

Google Cloudにドッカーコンテナを作成する

ドッカーデーモン(エンジン)を使用せずに、クラウドプロバイダーを使用してドッカーを使用することができます。この例では、アカウントに接続されているgcloud (Google Cloudユーティリティ)が必要です

docker-machine create --driver google --google-project `your-project-name` google-machine-type f1-large fm02
 

この例では、Google Cloudコンソールに新しいインスタンスが作成されます。機械時間f1-large

UbuntuにDockerをインストールする

Dockerは、以下の64ビットバージョンのUbuntu Linuxでサポートされています。

  • Ubuntu Xenial 16.04(LTS)
  • Ubuntu Wily 15.10
  • Ubuntu Trusty 14.04(LTS)
  • Ubuntu Precise 12.04(LTS)

カップルのメモ:

以下の手順では、 Dockerパッケージのみを使用したインストールを行います。これにより、 Dockerの最新の公式リリースを確実に入手できます。 Ubuntu-managed パッケージのみを使用してインストールする必要がある場合は、Ubuntuのドキュメントを参照してください。

Ubuntu Utopic 14.10および15.04はDockerのAPTリポジトリに存在しますが、既知のセキュリティ上の問題のため正式にサポートされていません。

前提条件

  • DockerはLinuxの64ビットインストールでのみ動作します。
  • Dockerには、Linuxカーネルバージョン3.10以上が必要です(バージョン3.13以降が必要Ubuntu Precise 12.04 除く)。 3.10より古いカーネルは、Dockerコンテナを実行するために必要な機能の一部が不足しており、特定の条件下でデータの損失や頻繁なパニックを引き起こす既知のバグを含んでいます。 uname -r コマンドで現在のカーネルのバージョンを確認してください。 Ubuntu Precise (12.04 LTS) カーネルをさらにスクロールダウンして更新する必要がある場合は、この記事をチェックしてください。他のUbuntuインストールの最新バージョンを入手するには、このWikiHowの記事を参照してください。

APTソースを更新する

これは、Dockerリポジトリからパッケージにアクセスするために行う必要があります。

  1. sudo またはroot 権限を持つユーザーとしてマシンにログインします。
  2. ターミナルウィンドウを開きます。
  3. パッケージ情報を更新し、APTがhttps方式で動作し、CA証明書がインストールされていることを確認します。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates
 
  1. 新しいGPG キーを追加します。このコマンドは、 hkp://ha.pool.sks-keyservers.net:80 からID 58118E89F3A912897C070ADBF76221572C52609D キーをダウンロードし、それをadv keychain 追加します。詳細については、 man apt-key 出力を参照してください。

     $ sudo apt-key adv \
            --keyserver hkp://ha.pool.sks-keyservers.net:80 \
            --recv-keys 58118E89F3A912897C070ADBF76221572C52609D
     
  2. あなたのUbuntuのバージョンに対応する下記の表のエントリを探します。これにより、APTがDockerパッケージを検索する場所が決まります。可能であれば、Ubuntuの長期サポート(LTS)版を実行してください。

Ubuntuバージョンリポジトリ
正確12.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-precise main
トラスティ14.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-trusty main
ワイリー15.10 deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-wily main
Xenial 16.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-xenial main

注: Dockerはすべてのアーキテクチャ用のパッケージを提供していません。バイナリのアーティファクトは夜間に作成され、 https://master.dockerproject.org からダウンロードできhttps://master.dockerproject.org 。マルチアーキテクチャシステムにドッカーをインストールするには、エントリに[arch=...] 句を追加します。詳細については、 Debian Multiarch wikiを参照してください。

  1. オペレーティングシステムのエントリをプレースホルダ<REPO> に置き換えて、次のコマンドを実行します。

    $ echo "" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list

  2. sudo apt-get update 実行して、 APT パッケージのインデックスをsudo apt-get update ます。

  3. APT が適切なリポジトリからAPT いることを確認します。

次のコマンドを実行すると、インストール可能なDockerのバージョンごとにエントリが返されます。各エントリーにはhttps://apt.dockerproject.org/repo/ というURLが必要です。現在インストールされているバージョンは*** とマークされています。下の例の出力をご覧ください。

$ apt-cache policy docker-engine

  docker-engine:
    Installed: 1.12.2-0~trusty
    Candidate: 1.12.2-0~trusty
    Version table:
   *** 1.12.2-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
          100 /var/lib/dpkg/status
       1.12.1-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
       1.12.0-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
 

今からapt-get upgrade を実行すると、 APT は新しいリポジトリからapt-get upgrade ます。

Ubuntuバージョンの前提条件

Ubuntu Trusty(14.04)、Wily(15.10)、Xenial(16.04)の場合は、 aufs ストレージドライバを使用できるlinux-image-extra-* カーネルパッケージをインストールしてlinux-image-extra-*

linux-image-extra-* パッケージをインストールするには:

  1. Ubuntuホストの端末を開きます。

  2. パッケージマネージャーをsudo apt-get update コマンドで更新してください。

  3. 推奨パッケージをインストールします。

    $ sudo apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual
     
  4. ドッカーのインストールに進む

Ubuntu Precise(12.04 LTS)の場合、Dockerには3.13カーネルバージョンが必要です。カーネルのバージョンが3.13より古い場合は、それをアップグレードする必要があります。ご使用の環境に必要なパッケージを確認するには、次の表を参照してください。

パッケージ説明
linux-image-generic-lts-trusty 汎用Linuxカーネルイメージ。このカーネルにはAUFS 組み込まれています。これはDockerを実行するために必要です。
linux-headers-generic-lts-trusty それらに依存するZFSVirtualBox guest additions などのパッケージを許可します。既存のカーネル用にヘッダーをインストールしなかった場合は、これらのヘッダーをスキップしてtrusty カーネルを作成することができます。あなたが不明な場合は、安全のためにこのパッケージを含める必要があります。
xserver-xorg-lts-trusty Unity / Xorgを使用しない非グラフィカル環境ではオプションです。グラフィカル環境のマシンでDockerを実行する場合に必要です。
ligbl1-mesa-glx-lts-trusty これらのパッケージの理由の詳細については、バックポートカーネル、特にLTS Enablement Stackのインストール手順を読んでください。各バージョンの注5を参照してください。

カーネルをアップグレードして追加パッケージをインストールするには、次のようにします。

  1. Ubuntuホストの端末を開きます。

  2. パッケージマネージャーをsudo apt-get update コマンドで更新してください。

  3. 必須パッケージとオプションパッケージの両方をインストールします。

    $ sudo apt-get install linux-image-generic-lts-trusty
     
  4. インストールが必要な他のパッケージについても、この手順を繰り返します。

  5. sudo reboot コマンドを使用して、更新されたカーネルを使用するようにホストを再起動します。

  6. 再起動後、Dockerをインストールしてください。

最新バージョンをインストールする

前提条件を満たしていることを確認してから、以下の手順に従います。

注意:本稼働システムでは、誤ってDockerを更新しないように、特定のバージョンインストールすることをお勧めします。本番システムのアップグレードは注意深く計画する必要があります。

  1. sudo 権限を持つユーザとしてあなたのUbuntuインストールにログインしてください。 (おそらくsudo -su 実行していsudo -su )。

  2. sudo apt-get update 実行して、APTパッケージのインデックスを更新してください。

  3. sudo apt-get install docker-engine コマンドでDockerをインストールします。

  4. sudo service docker start コマンドでdocker デーモンをsudo service docker start ます。

  5. hello-worldイメージを実行して、 docker が正しくインストールされていることを確認します。

     $ sudo docker run hello-world
     

このコマンドは、テストイメージをダウンロードし、コンテナ内で実行します。コンテナが実行されると、情報メッセージが出力され、終了します。

Dockerを非rootユーザーとして管理する

あなたが使用しない場合はsudo 使用すると、ドッキングウィンドウのコマンドを使用すると、呼ばれるUNIXのグループ作成docker し、それにユーザーを追加します。 docker デーモンが起動すると、dockerグループによってUnixソケットの所有権が読み書き可能になります。

docker グループを作成してユーザーを追加するには:

  1. sudo 権限を持つユーザとしてUbuntuにログインします。

  2. sudo groupadd docker コマンドを使用してdocker グループを作成します。

  3. ユーザーをdocker グループに追加します。

     $ sudo usermod -aG docker $USER
     
  4. ログアウトして再度ログインすると、グループメンバーシップの再評価が行われます。

  5. sudo 権限なしでコマンドをdocker できることを確認してください。

     $ docker run hello-world
     

これが失敗すると、エラーが表示されます:

     Cannot connect to the Docker daemon. Is 'docker daemon' running on this host?
 

DOCKER_HOST 環境変数がシェルに設定されているかどうかを確認してください。

    $ env | grep DOCKER_HOST
 

設定されている場合、上記のコマンドは結果を返します。その場合は、設定を解除します。

    $ unset DOCKER_HOST
 

~/.bashrc~/.profile などのファイル内の環境を編集して、 DOCKER_HOST 変数が誤って設定されないようにする必要があるかもしれません。

CentOSにDocker-ceまたはDocker-eeをインストールする

Dockerは次のエディションを発表しました:

Docker-ce(Community Edition)およびDocker(Commercial Support)と共にDocker-ee(Enterprise Edition)

このドキュメントは、CentOSでのDocker-eeおよびDocker-ce版のインストール手順をお手伝いします

Docker-ceのインストール

以下は、docker-ce版をインストールする手順です

  1. yum-config-managerユーティリティを提供するyum-utilsをインストールします。

    $ sudo yum install -y yum-utils
  2. 安定リポジトリを設定するには、次のコマンドを使用します。

    $ sudo yum-config-manager \
     --add-repo \
     https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
  3. オプション:エッジリポジトリを有効にします。このリポジトリは上記のdocker.repoファイルに含まれていますが、デフォルトでは無効になっています。安定版リポジトリと並んで有効にすることができます。

     $ sudo yum-config-manager --enable docker-ce-edge 
  • --disable フラグを指定してyum-config-manager コマンドを実行すると、エッジリポジトリを無効にすることができ--disable 。それを再度有効にするには、使用--enable フラグ。次のコマンドは、エッジリポジトリを無効にします。
     $ sudo yum-config-manager --disable docker-ce-edge 
  1. yumパッケージのインデックスを更新します。

     $ sudo yum makecache fast 
  2. 次のコマンドを使用してdocker-ceをインストールします。

     $ sudo yum install docker-ce-17.03.0.ce 
  3. Docker-ceの指紋を確認する

    060A 61C5 1B55 8A7F 742B 77AA C52F EB6B 621E 9F35

    docker-ceの他のバージョンをインストールしたい場合は、以下のコマンドを使用できます:

    $ sudo yum install docker-ce-VERSION

    VERSION 番号を指定する

  4. すべてがうまくいけば、docker-ceがあなたのシステムにインストールされました。次のコマンドを使って起動してください:

     $ sudo systemctl start docker 
  5. ドッカーのインストールをテストしてください:

     $ sudo docker run hello-world 

    次のメッセージが表示されます。

     Hello from Docker! 
     This message shows that your installation appears to be working correctly. 

-Docker-ee(Enterprise Edition)のインストール

Enterprise Edition(EE)の場合は、<DOCKER-EE-URL>を取得するためにサインアップする必要があります。

  1. サインアップするにはhttps://cloud.docker.com/にアクセスしてください 。あなたの詳細を入力し、あなたの電子メールIDを確認してください。確認後、<DOCKER-EE-URL>が表示されます。これは、セットアップをクリックした後、ダッシュボードに表示されます。

  2. 既存のDockerリポジトリを/etc/yum.repos.d/ から削除する

  3. Docker EEリポジトリのURLを/etc/yum/vars/ yum変数に格納します。最初のステップでメモしたURLに<DOCKER-EE-URL>を置き換えます。

     $ sudo sh -c 'echo "<DOCKER-EE-URL>" > /etc/yum/vars/dockerurl' 
  4. yum-config-managerユーティリティを提供するyum-utilsをインストールします。

     $ sudo yum install -y yum-utils
  5. 安定リポジトリを追加するには、次のコマンドを使用します。

     $ sudo yum-config-manager \
     --add-repo \
     <DOCKER-EE-URL>/docker-ee.repo
  6. yumパッケージのインデックスを更新します。

     $ sudo yum makecache fast 
  7. docker-eeをインストールする

     sudo yum install docker-ee 
  8. 次のコマンドを使用してdocker-eeを起動できます。

    $ sudo systemctl start docker 

Mac OS XにDockerをインストールする

要件: Dockerを実行するために必要なOS X 10.8 "Mountain Lion"以上

ドッカーバイナリはMac OS X上でネイティブに実行できますが、コンテナを構築してホストするには、ボックスにLinux仮想マシンを実行する必要があります。

1.12.0

バージョン1.12以降、DockerはOSXのネイティブHypervisor.framework 機能を使用して、小さなLinuxマシンをバックエンドとして動作させるため、別個のVMをインストールする必要はありません。

ドッカーをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Docker for Macに行く
  2. インストーラをダウンロードして実行します。
  3. デフォルトのオプションを使用してインストーラを続行し、要求されたらアカウント資格情報を入力します。

インストールの詳細については、 ここをクリックしてください。

1.11.2

バージョン1.11まで、このLinux VMを実行する最善の方法は、Docker、VirtualBox、およびLinuxゲストマシンをインストールするDocker Toolboxをインストールすることです。

ドッカーツールボックスをインストールするには、以下の手順に従います。

  1. Dockerツールボックスに移動
  2. Mac用のリンクをクリックし、インストーラを実行します。
  3. デフォルトのオプションを使用してインストーラを続行し、要求されたらアカウント資格情報を入力します。

これにより、Dockerバイナリが/usr/local/bin インストールされ、既存のVirtual Boxインストールが更新されます。インストールの詳細については、 ここをクリックしてください。

インストールを確認するには:

1.12.0
  1. アプリケーションフォルダからDocker.app を起動し、 Docker.app が実行中であることを確認します。次に、ターミナルを開きます。
1.11.2
  1. Docker Quickstart Terminal を開き、ターミナルを開き、Dockerコマンド用に準備します。
  1. いったん端末が開いていれば

    $ docker run hello-world
     
  2. すべて正常であれば、インストールが成功したことを確認するウェルカムメッセージが表示されます。

UbuntuにDockerをインストールする

要件:ドッカーは、バージョン3.10以上のカーネルを持つ任意のLinuxにインストールできます。 Dockerは、以下の64ビットバージョンのUbuntu Linuxでサポートされています。

  • Ubuntu Xenial 16.04(LTS)
  • Ubuntu Wily 15.10
  • Ubuntu Trusty 14.04(LTS)
  • Ubuntu Precise 12.04(LTS)

簡単インストール

注意:デフォルトのUbuntuリポジトリからDockerをインストールすると、古いバージョンのDockerがインストールされます。

Dockerリポジトリを使用してDockerの最新バージョンをインストールするには、 curl を使用してDockerが提供するインストールスクリプトを取得して実行します。

$ curl -sSL https://get.docker.com/ | sh
 

あるいは、 wget を使用してDockerをインストールすることもできます。

$ wget -qO- https://get.docker.com/ | sh
 

Dockerがインストールされます。

手動インストール

ただし、インストールスクリプトを実行することができない場合は、次の手順を使用して公式リポジトリからDockerの最新バージョンを手動でインストールすることができます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates
 

GPGキーを追加:

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://p80.pool.sks-keyservers.net:80 \
  --recv-keys 58118E89F3A912897C070ADBF76221572C52609D
 

次に、お気に入りのエディタで/etc/apt/sources.list.d/docker.list ファイルを開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。既存のエントリを削除します。次に、バージョンに応じて、次の行を追加します。

  • Ubuntu Precise 12.04(LTS):

    deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-precise main

  • Ubuntu Trusty 14.04(LTS)

    deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-trusty main

  • Ubuntu Wily 15.10

    deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-wily main

  • Ubuntu Xenial 16.04(LTS)

    deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-xenial main

ファイルを保存して終了し、パッケージインデックスを更新し、インストールされているバージョンのDockerをアンインストールし、 apt が正しいrepoから抜けていることを確認します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get purge lxc-docker
$ sudo apt-cache policy docker-engine
 

あなたのUbuntuのバージョンによっては、いくつかの前提条件が必要になるかもしれません:

  • Ubuntu Xenial 16.04(LTS)、Ubuntu Wily 15.10、Ubuntu Trusty 14.04(LTS)

    sudo apt-get update && sudo apt-get install linux-image-extra-$(uname -r)

  • Ubuntu Precise 12.04(LTS)

    このバージョンのUbuntuにはカーネルバージョン3.13が必要です。環境に応じて、追加のパッケージをインストールする必要があります。

    linux-image-generic-lts-trusty

    汎用Linuxカーネルイメージ。このカーネルにはAUFSが組み込まれています。これはDockerを実行するために必要です。

    linux-headers-generic-lts-trusty

    それらに依存するZFSやVirtualBoxゲストの追加などのパッケージを許可します。既存のカーネル用にヘッダーをインストールしなかった場合は、これらのヘッダーをスキップしてtrusty カーネルを作成することができます。あなたが不明な場合は、安全のためにこのパッケージを含める必要があります。

    xserver-xorg-lts-trusty

    libgl1-mesa-glx-lts-trusty

    これらの2つのパッケージは、Unity / Xorgのないグラフィカルでない環境ではオプションです。グラフィカル環境のマシンでDockerを実行する場合に必要です。

    これらのパッケージの理由の詳細については、バックポートカーネル、特にLTS Enablement Stackのインストール手順を読んでください - 各バージョンの注5を参照してください。

    必要なパッケージをインストールし、ホストを再起動します。

    $ sudo apt-get install linux-image-generic-lts-trusty

    $ sudo reboot

最後に、 apt パッケージのインデックスを更新し、Dockerをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docker-engine
 

デーモンを起動します。

$ sudo service docker start
 

テストイメージを起動して、ドッカーが正常に動作していることを確認します。

$ sudo docker run hello-world
 

このコマンドは、インストールが成功したことを確認するウェルカムメッセージを出力します。

Ubuntu Linuxにdockerをインストールする

Dockerは、以下の64ビットバージョンのUbuntu Linuxでサポートされています。

  • Ubuntu Xenial 16.04(LTS)
  • Ubuntu Wily 15.10
  • Ubuntu Trusty 14.04(LTS)
  • Ubuntu Precise 12.04(LTS)

カップルのメモ:

以下の手順では、 Dockerパッケージのみを使用したインストールを行います。これにより、 Dockerの最新の公式リリースを確実に入手できます。 Ubuntu-managed パッケージのみを使用してインストールする必要がある場合は、Ubuntuのドキュメントを参照してください。

Ubuntu Utopic 14.10および15.04はDockerのAPTリポジトリに存在しますが、既知のセキュリティ上の問題のため正式にサポートされていません。

前提条件

  • DockerはLinuxの64ビットインストールでのみ動作します。
  • Dockerには、Linuxカーネルバージョン3.10以上が必要です(バージョン3.13以降が必要Ubuntu Precise 12.04 除く)。 3.10より古いカーネルは、Dockerコンテナを実行するために必要な機能の一部が不足しており、特定の条件下でデータの損失や頻繁なパニックを引き起こす既知のバグを含んでいます。 uname -r コマンドで現在のカーネルのバージョンを確認してください。 Ubuntu Precise (12.04 LTS) カーネルをさらにスクロールダウンして更新する必要がある場合は、この記事をチェックしてください。他のUbuntuインストールの最新バージョンを入手するには、このWikiHowの記事を参照してください。

APTソースを更新する

これは、Dockerリポジトリからパッケージにアクセスするために行う必要があります。

  1. sudo またはroot 権限を持つユーザーとしてマシンにログインします。
  2. ターミナルウィンドウを開きます。
  3. パッケージ情報を更新し、APTがhttps方式で動作し、CA証明書がインストールされていることを確認します。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    software-properties-common
 
  1. ドッカーの公式GPGキーを追加:

     $ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
     

    キーの指紋が9DC8 5822 9FC7 DD38 854A E2D8 8D81 803C 0EBF CD88であることを確認します。

     $ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
     
        pub   4096R/0EBFCD88 2017-02-22
              Key fingerprint = 9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
        uid                  Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>
        sub   4096R/F273FCD8 2017-02-22
 
  1. あなたのUbuntuのバージョンに対応する下記の表のエントリを探します。これにより、APTがDockerパッケージを検索する場所が決まります。可能であれば、Ubuntuの長期サポート(LTS)版を実行してください。
Ubuntuバージョンリポジトリ
正確12.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-precise main
トラスティ14.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-trusty main
ワイリー15.10 deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-wily main
Xenial 16.04(LTS) deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-xenial main

注: Dockerはすべてのアーキテクチャ用のパッケージを提供していません。バイナリのアーティファクトは夜間に作成され、 https://master.dockerproject.org からダウンロードできhttps://master.dockerproject.org 。マルチアーキテクチャシステムにドッカーをインストールするには、エントリに[arch=...] 句を追加します。詳細については、 Debian Multiarch wikiを参照してください。

  1. オペレーティングシステムのエントリをプレースホルダ<REPO> に置き換えて、次のコマンドを実行します。

    $ echo "" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list

  2. sudo apt-get update 実行して、 APT パッケージのインデックスをsudo apt-get update ます。

  3. APT が適切なリポジトリからAPT いることを確認します。

次のコマンドを実行すると、インストール可能なDockerのバージョンごとにエントリが返されます。各エントリーにはhttps://apt.dockerproject.org/repo/ というURLが必要です。現在インストールされているバージョンは*** とマークされています。下の例の出力をご覧ください。

$ apt-cache policy docker-engine

  docker-engine:
    Installed: 1.12.2-0~trusty
    Candidate: 1.12.2-0~trusty
    Version table:
   *** 1.12.2-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
          100 /var/lib/dpkg/status
       1.12.1-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
       1.12.0-0~trusty 0
          500 https://apt.dockerproject.org/repo/ ubuntu-trusty/main amd64 Packages
 

今からapt-get upgrade を実行すると、 APT は新しいリポジトリからapt-get upgrade ます。

Ubuntuバージョンの前提条件

Ubuntu Trusty(14.04)、Wily(15.10)、Xenial(16.04)の場合は、 aufs ストレージドライバを使用できるlinux-image-extra-* カーネルパッケージをインストールしてlinux-image-extra-*

linux-image-extra-* パッケージをインストールするには:

  1. Ubuntuホストの端末を開きます。

  2. パッケージマネージャーをsudo apt-get update コマンドで更新してください。

  3. 推奨パッケージをインストールします。

    $ sudo apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual
     
  4. ドッカーのインストールに進む

Ubuntu Precise(12.04 LTS)の場合、Dockerには3.13カーネルバージョンが必要です。カーネルのバージョンが3.13より古い場合は、それをアップグレードする必要があります。ご使用の環境に必要なパッケージを確認するには、次の表を参照してください。

パッケージ説明
linux-image-generic-lts-trusty 汎用Linuxカーネルイメージ。このカーネルにはAUFS 組み込まれています。これはDockerを実行するために必要です。
linux-headers-generic-lts-trusty それらに依存するZFSVirtualBox guest additions などのパッケージを許可します。既存のカーネル用にヘッダーをインストールしなかった場合は、これらのヘッダーをスキップしてtrusty カーネルを作成することができます。あなたが不明な場合は、安全のためにこのパッケージを含める必要があります。
xserver-xorg-lts-trusty Unity / Xorgを使用しない非グラフィカル環境ではオプションです。グラフィカル環境のマシンでDockerを実行する場合に必要です。
ligbl1-mesa-glx-lts-trusty これらのパッケージの理由の詳細については、バックポートカーネル、特にLTS Enablement Stackのインストール手順を読んでください。各バージョンの注5を参照してください。

カーネルをアップグレードして追加パッケージをインストールするには、次のようにします。

  1. Ubuntuホストの端末を開きます。

  2. パッケージマネージャーをsudo apt-get update コマンドで更新してください。

  3. 必須パッケージとオプションパッケージの両方をインストールします。

    $ sudo apt-get install linux-image-generic-lts-trusty
     
  4. インストールが必要な他のパッケージについても、この手順を繰り返します。

  5. sudo reboot コマンドを使用して、更新されたカーネルを使用するようにホストを再起動します。

  6. 再起動後、Dockerをインストールしてください。

最新バージョンをインストールする

前提条件を満たしていることを確認してから、以下の手順に従います。

注意:本稼働システムでは、誤ってDockerを更新しないように、特定のバージョンインストールすることをお勧めします。本番システムのアップグレードは注意深く計画する必要があります。

  1. sudo 権限を持つユーザとしてあなたのUbuntuインストールにログインしてください。 (おそらくsudo -su 実行していsudo -su )。

  2. sudo apt-get update 実行して、APTパッケージのインデックスを更新してください。

  3. sudo apt-get install docker-ce コマンドでDocker Community Editionをインストールします。

  4. sudo service docker start コマンドでdocker デーモンをsudo service docker start ます。

  5. hello-worldイメージを実行して、 docker が正しくインストールされていることを確認します。

     $ sudo docker run hello-world
     

このコマンドは、テストイメージをダウンロードし、コンテナ内で実行します。コンテナが実行されると、情報メッセージが出力され、終了します。

Dockerを非rootユーザーとして管理する

あなたが使用しない場合はsudo 使用すると、ドッキングウィンドウのコマンドを使用すると、呼ばれるUNIXのグループ作成docker し、それにユーザーを追加します。 docker デーモンが起動すると、dockerグループによってUnixソケットの所有権が読み書き可能になります。

docker グループを作成してユーザーを追加するには:

  1. sudo 権限を持つユーザとしてUbuntuにログインします。

  2. sudo groupadd docker コマンドを使用してdocker グループを作成します。

  3. ユーザーをdocker グループに追加します。

     $ sudo usermod -aG docker $USER
     
  4. ログアウトして再度ログインすると、グループメンバーシップの再評価が行われます。

  5. sudo 権限なしでコマンドをdocker できることを確認してください。

     $ docker run hello-world
     

これが失敗すると、エラーが表示されます:

     Cannot connect to the Docker daemon. Is 'docker daemon' running on this host?
 

DOCKER_HOST 環境変数がシェルに設定されているかどうかを確認してください。

    $ env | grep DOCKER_HOST
 

設定されている場合、上記のコマンドは結果を返します。その場合は、設定を解除します。

    $ unset DOCKER_HOST
 

~/.bashrc~/.profile などのファイル内の環境を編集して、 DOCKER_HOST 変数が誤って設定されないようにする必要があるかもしれません。

Windows上にDockerをインストールする

要件:ハードウェア仮想化テクノロジをサポートしているコンピュータ上のWindows 7以上の64ビットバージョン。これが有効になっています。

ドッカーバイナリはWindows上でネイティブに実行できますが、コンテナを構築してホストするには、ボックスにLinux仮想マシンを実行する必要があります。

1.12.0

バージョン1.12以降、DockerはWindowsのネイティブなHyper-V機能を使用して、小さなLinuxマシンをバックエンドとして動作させるため、別個のVMをインストールする必要はありません。

ドッカーをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Docker for Windowsに行く
  2. インストーラをダウンロードして実行します。
  3. デフォルトのオプションを使用してインストーラを続行し、要求されたらアカウント資格情報を入力します。

インストールの詳細については、 ここをクリックしてください。

1.11.2

バージョン1.11まで、このLinux VMを実行する最善の方法は、Docker、VirtualBox、およびLinuxゲストマシンをインストールするDocker Toolboxをインストールすることです。

ドッカーツールボックスをインストールするには、以下の手順に従います。

  1. Dockerツールボックスに移動
  2. Windows用のリンクをクリックし、インストーラを実行します。
  3. デフォルトのオプションを使用してインストーラを続行し、要求されたらアカウント資格情報を入力します。

これにより、プログラムファイルにDockerバイナリがインストールされ、既存のVirtual Boxインストールが更新されます。インストールの詳細については、 ここをクリックしてください。

インストールを確認するには:

1.12.0
  1. まだ開始されていない場合は、[スタート]メニューから[ Docker を起動]をDocker し、起動していることを確認します。次に、任意の端末( cmd またはPowerShellのいずれか)を立ち上げ、
1.11.2
  1. デスクトップ上で、Docker Toolboxアイコンを探します。アイコンをクリックすると、Docker Toolboxターミナルが起動します。
  1. いったん端末が開いていれば

    docker run hello-world
     
  2. すべて正常であれば、インストールが成功したことを確認するウェルカムメッセージが表示されます。