Looking for docker Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for docker Keywords? Try Ask4Keywords

DockerDockerプライベート/セキュアレジストリ(API v2)


前書き

Docker Hubではなくプライベートで安全なドッカーレジストリ。基本的なドッカーのスキルが必要です。

パラメーター

コマンド説明
sudo docker run -p 5000:5000 ドッカーコンテナを起動し、ポート5000をコンテナから物理マシンのポート5000にバインドします。
--nameレジストリコンテナ名( "docker ps"の可読性を良くするために使用)。
-v 'pwd' / certs:/ certs コンテナの物理マシンon / certsのCURRENT_DIR / certsをバインドします(「共有フォルダ」など)。
-e REGISTRY_HTTP_TLS_CERTIFICATE = / certs / server.crt レジストリは/certs/server.crtファイルを使用して開始することを指定します。 (env変数)
-e REGISTRY_HTTP_TLS_KEY = / certs / server.key RSAキー(server.key)と同じです。
-v / root / images:/ var / lib / registry / すべてのレジストリイメージを保存する場合は、物理マシンでこれを行う必要があります。ここでは、すべてのイメージを物理マシン上の/ root / imagesに保存します。これを行うと、イメージを失うことなくレジストリを停止して再起動できます。
レジストリ:2 レジストリイメージをドッカーハブ(またはローカル)から取得することを指定し、レジストリのバージョン2をインストールするために«2»を追加します。

備考

Dockerプライベート/セキュアレジストリ(API v2) 関連する例