Scala Languageカッシング


構文

  • aFunction(10)_ // '_'を使用する残りのパラメータグループのすべてのパラメータがカリングされることをコンパイラに指示します。
  • nArityFunction.curried // n-arity関数を同等のカレー化バージョンに変換します
  • anotherFunction(x)(_:String)(z)//任意のパラメータをカリングします。それは明示的に述べられた型を必要とする。

カッシング 関連する例