ssisCSVファイルを作成し、そのファイルにSQL Serverから書き込む


前書き

このガイドは、SQL ServerテーブルからCSV / txtファイルにデータをインポートする方法の理解に役立ちます。

備考

  1. データフロータスクを右クリックし、プロパティを選択します。 DefaultBufferMaxRowsプロパティとDefaultBufferSizeプロパティを変更して、データ読み込みのパフォーマンスを向上させることができます。
  2. パフォーマンスを向上させるため、複数のデータフロータスクを並列に実行できます。
  3. 各タスクには2つのフローの成功と失敗があります。パッケージをより堅牢にするには、障害フローを処理することが重要です。
  4. データフロータスク内で、青い矢印を右クリックし、[ データビューア有効にする]を選択して、実行時にデータフローをチェックします。
  5. どの列がソースまたはデスティネーションで削除されて、削除される列をチェックするか。データフロー内で青い矢印を右クリックして[ 参照の解決 ]を選択すると、新しいウィンドウに、未マッピング出力列(左)と未マッピング入力列(右)が表示されます。

CSVファイルを作成し、そのファイルにSQL Serverから書き込む 関連する例