HTMLリスト


前書き

HTMLは、順序付きリスト、順序付けられていないリスト、および記述リストの3つの方法でリストを指定します。順序付きリストは、リスト要素の順序を示す序数列を使用し、順序付けられていないリストは、指定された順序で要素をリストするための箇条書きなどの定義済みシンボルを使用し、記述リストは、子で要素をリストするためにインデントを使用します。このトピックでは、HTMLマークアップでのこれらのリストの実装と組み合わせについて説明します。

構文

  • <ol> ordered list items </ol>
  • <ul> unordered list items </ul>
  • <li> list item (ordered and not) </li>
  • <dl> description list items </dl>
  • <dt> description list title </dt>
  • <dd> description list description </dd>

備考

関連項目

<ul style="list-style-type:disc">ように、リストスタイルのCSSプロパティを<ul>タグに追加して、各リストアイテムのマークに使用するアイコンの種類を変更することができます。以下のlist-style-typesが許可されています:

  • "list-style-type:disc"はデフォルトのドットです。
  • "list-style-type:circle"は塗りつぶされていない円です。
  • "list-style-type:square"は塗りつぶされた正方形です。
  • "list-style-type:none"は全くマークを使用しません。

また、 <ol> <ol type="1">ように、番号付けの方法を変更するために、 <ol>タグにタイプ属性を追加することもできます。以下のタイプが許可されています:

  • type = "1"がデフォルトの形式です。
  • type = "A"は大文字をアルファベット順に使用します
  • type = "a"は小文字をアルファベット順に使用します
  • type = "I"は大文字のローマ数字を使用します
  • type = "i"は小文字のローマ数字を使用します

リスト 関連する例