Looking for git Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for git Keywords? Try Ask4Keywords

Git押して


前書き

Gitを使用してコードを変更、ステージング、およびコミットした後、変更を他の人が利用できるようにするためにはプッシュが必要であり、ローカルの変更をリポジトリサーバーに転送します。このトピックでは、Gitを使用してコードを適切にプッシュする方法について説明します。

構文

  • git push [-f | --force] [-v | --verbose] [<remote> [<refspec> ...]]

パラメーター

パラメータ詳細
- 力あなたのローカルrefに一致するようにリモートrefを上書きします。 リモートリポジトリにコミットが失われる可能性があるため、注意して使用してください
- 詳細冗長に実行します。
<remote> プッシュ操作の宛先であるリモート・リポジトリー。
<refspec> ... どのリモート参照をどのローカル参照またはオブジェクトで更新するかを指定します。

備考

上流および下流

ソース管理の面では、リポジトリからコピー(クローン、チェックアウトなど)するときに「下流」になっています。情報はあなたの「下流」に流れました。

変更を加えるときには、通常、それらを「上流」に戻して、そのリポジトリに入れるようにして、同じソースから取得するすべての人が同じ変更を行っているようにします。これは主に、ソース管理の技術的要件ではなく、どのようにして各自の仕事を調整できるかという社会的問題です。メインプロジェクトに変更を加え、多様な開発ラインを追跡しないようにしたいとします。

場合によっては、パッケージやリリースマネージャー(ツールではなく、人)が "上流"に変更を送信することについて話します。これは通常、元のソースを調整してシステム用のパッケージを作成する必要があることを意味します。彼らはこれらの変更を続けることを望んでいないので、元のソースに "上流"に送る場合、次のリリースで同じ問題に対処する必要はありません。

ソース

押して 関連する例