Looking for git Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for git Keywords? Try Ask4Keywords

Gitジットパッチ


構文

  • git am [--signoff] [--keep] [ - [no-] keep-cr] [ - [no-] utf8] [ - 3way] [--interactive] [--committer-date-is -author-date] [--ignore-date] [--ignore-space-change | --ignore-whitespace] [--whitespace = <option>] [-C <n>] [-p <n>] [--directory = <dir>] [--exclude = <path>] [ - include = <path>] [--reject] [-q | [ - [no - ]はさみ] [-S [<keyid>]] [--patch-format = <format>] [(<mbox> | <Maildir>)...]
  • git am(--continue | --skip | --abort)

パラメーター

パラメータ詳細
(<mbox> | <Maildir>)... パッチを読み込むメールボックスファイルのリスト。この引数を指定しないと、コマンドは標準入力から読み込みます。ディレクトリを指定すると、それらはMaildirとして扱われます。
-s、--signoff あなた自身のコミッターIDを使用して、コミットメッセージにSigned-by-by:行を追加します。
-q、--quiet 静かにして。エラーメッセージのみを出力します。
-u、--utf8 git mailinfo -uフラグをgit mailinfoます。電子メールから取得したコミットログメッセージは、UTF-8エンコーディングに再コーディングされています(構成変数i18n.commitencodingを使用して、UTF-8でない場合はプロジェクトの優先エンコーディングを指定できます)。これを無効にするには--no-utf8を使用できます。
--no-utf8 git mailinfoに-nフラグを渡します。
-3、 - 3way パッチがきれいには適用されない場合、パッチが適用されると思われるブロブの識別情報が記録されている場合は3方向マージに戻り、ローカルで使用可能なブロブを取得します。
--ignore-date、--ignore-space-change、--ignore-whitespace、--whitespace = <option>、-C <n>、-p <n>、--directory = <dir> exclude = <パス>、--include = <パス>、--reject これらのフラグはパッチを適用するgit applyプログラムに渡されます。
--patch-format デフォルトでは、このコマンドはパッチフォーマットを自動的に検出しようとします。このオプションを使用すると、ユーザーは自動検出をバイパスし、パッチを解釈するパッチ形式を指定できます。有効な形式は、 mboxstgitstgit-series 、およびhgです。
-i、--interactive 対話的に実行します。
- コミッター - 日付 - 作成者 - 日付既定では、コマンドは電子メールメッセージの日付をコミットの作成者日付として記録し、コミットの作成時刻をコミッターの日付として使用します。これにより、ユーザーは、作成者日付と同じ値を使用してコミッター日付について嘘をつけることができます。
--ignore-date 既定では、コマンドは電子メールメッセージの日付をコミットの作成者日付として記録し、コミットの作成時刻をコミッターの日付として使用します。これにより、ユーザーは、コミッター日付と同じ値を使用して、著者日付について嘘をつけることができます。
- スキップ現在のパッチをスキップします。これは、中止されたパッチを再起動する場合にのみ意味があります。
-S [<keyid>]、--gpg-sign [= <keyid>] GPG-signはコミットします。
--continue、-r、--resolved パッチの不具合(例えば、矛盾するパッチを適用しようとする)の後、ユーザはそれを手で適用し、インデックスファイルはアプリケーションの結果を格納する。電子メールメッセージと現在のインデックスファイルから抽出されたauthorshipとコミットログを使用してコミットし、続行します。
--resolvemsg = <msg> パッチの障害が発生すると、終了する前に<msg>が画面に表示されます。これにより、標準のメッセージが上書きされ、-- --continueまたは--skipを使用して障害を処理するよう通知されます。これはgit rebasegit am間でのみ内部的に使用されgit am
- アボート元のブランチを復元し、パッチ操作を中止します。

ジットパッチ 関連する例