Looking for r Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for r Keywords? Try Ask4Keywords

R Languagedata.tableでピボット/アンピボット


構文

  • 融解melt(DT, id.vars=c(..), variable.name="CategoryLabel", value.name="Value")
  • dcast(DT, LHS ~ RHS, value.var="Value", fun.aggregate=sum)キャストdcast(DT, LHS ~ RHS, value.var="Value", fun.aggregate=sum)

パラメーター

パラメータ詳細
id.vars 保持する列をmelt
variable.name 教えてmeltカテゴリラベルと列を呼び出すためにどのような
value.name カテゴリラベルに関連付けられた値を持つ列を何に呼び出すかをmelt伝える
value.var 列にキャストする値の場所をdcastに通知します
一意のレコード識別子(LHS)を形成するためにどの列を保持するか、カテゴリラベル(RHS)を保持する列をdcastする
楽しいキャスト演算が各セルの値のリストを生成するときに使用する関数を指定する

備考

モデルやビジュアライゼーションを構築するためのデータの調整には、 data.tableすることができます。他のオプションと比較して、 data.tableは速度と柔軟性の利点を提供します。

data.tableでピボット/アンピボット 関連する例