Angular 2安らぎのAPIを備えたAngular2のCRUD


構文

  • @Injectable()//このサービスのインスタンスを作成するときに依存性インジェクタに依存性を注入するよう指示します。

  • request.subscribe()//これは実際にリクエストを行う場所です。これがなければあなたの要求は送られません。また、コールバック関数で応答を読み込みたいとします。

  • コンストラクタ(private wikiService:WikipediaService){} //サービスと依存関係の両方が依存性インジェクタによって注入可能なので、アプリケーションをユニットテストするためのコンポーネントにサービスを注入するのがよい方法です。

安らぎのAPIを備えたAngular2のCRUD 関連する例