Looking for powershell Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for powershell Keywords? Try Ask4Keywords

PowerShellマネージコードの埋め込み(C#| VB)


前書き

このトピックでは、PowerShellスクリプト内でC#またはVB .NET Managedコードをスクリプト化して利用する方法について簡単に説明します。このトピックでは、Add-Typeコマンドレットのすべての側面について検討していません。

Add-Typeコマンドレットの詳細については、MSDNのドキュメント(5.1)を参照してください。https : //msdn.microsoft.com/en-us/powershell/reference/5.1/microsoft.powershell.utility/add-タイプ

パラメーター

パラメータ詳細
-TypeDefinition <String_> コードを文字列として受け入れる
- 言語<String_> 管理されたコードlanguage.Accepted値を指定します:CSharp、CSharpVersion3、CSharpVersion2、VisualBasic、JScript

備考

追加されたタイプを削除する

PowerShellのそれ以降のバージョンでは、Remove-TypeDataがPowerShellコマンドレットライブラリに追加されました。このライブラリは、セッション内の型の削除を可能にします。このコマンドレットの詳細については、こちらを参照してください。https : //msdn.microsoft.com/en-us/powershell/reference/4.0/microsoft.powershell.utility/remove-typedata

CSharpと.NETの構文

.NETでの経験のために、C#の異なるバージョンは特定の構文に対するサポートのレベルがかなり根本的に異なることは言うまでもない。

Powershell 1.0および/または-Language CSharpを使用する場合、マネージドコードは、Generics、Linq、Lambdaなど、C#開発者が最近一般的に考えていない多くの機能に欠けている.NET 2.0を利用します。これに加えて、正式な多型があります。これは、C#/ .NETのそれ以降のバージョンでデフォルトパラメータで処理されます。

マネージコードの埋め込み(C#| VB) 関連する例