Looking for wordpress Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for wordpress Keywords? Try Ask4Keywords

WordPressサイドバー


構文

  • register_sidebar($ args)
  • get_sidebar(文字列$ name = null)

パラメーター

パラメータ詳細
$ args (string | array)(オプション) nameid vvaluesに基づいてサイドバーを作成します
$ name *(文字列)(オプション)特別なサイドバーの名前。デフォルト値:null

備考

引数のオプションは次のとおりです。

  • name - サイドバー名(デフォルト:ローカライズされた「サイドバー」および数値ID)
  • id - サイドバーID - すべてが小文字でなければならず、スペースは含まれません(デフォルト:自動増分された数値の数値) 。 id引数の値を設定しないと、バージョン4.2以降のE_USER_NOTICEメッセージがデバッグモードで取得さE_USER_NOTICEます。
  • description - サイドバーの内容/テキストの説明。ウィジェット管理画面に表示されます。 (2.9以降) (デフォルト:空)
  • クラス - Appearance - > Widgetの管理ページでサイドバーに割り当てるCSSクラス。このクラスはWordPress Widget管理ページのソースにのみ表示されます。あなたのウェブサイトのフロントエンドには含まれません。 :値のsidebarは、クラス値の前に追加されます。例えば、 talクラスは、 sidebar-talというクラス値をもたらします。 (デフォルト:空)
  • before_widget - すべてのウィジェットの前に配置するHTML (デフォルト: <li id="%1$s" class="widget %2$s"> :変数置換にsprintfを使用
  • after_widget - すべてのウィジェットの後に置くHTML (デフォルト: </li>\n
  • before_title - すべてのタイトルの前に配置するHTML (デフォルト: <h2 class="widgettitle">
  • after_title - 各タイトルの後に配置するHTML (デフォルト: </h2>\n

サイドバー 関連する例