Looking for sql-server Answers? Try Ask4KnowledgeBase
Looking for sql-server Keywords? Try Ask4Keywords

Microsoft SQL ServerSQL ServerのJSON


構文

  • JSON_VALUE (expression、path) - JSON文字列からスカラー値を抽出します。
  • JSON_QUERY (expression [、path]) - JSON文字列からオブジェクトまたは配列を抽出します。
  • OPENJSON (jsonExpression [、path]) - JSONテキストを解析し、JSONのオブジェクトとプロパティを行と列として返すテーブル値関数です。
  • ISJSON (expression) - 文字列に有効なJSONが含まれているかどうかをテストします。
  • JSON_MODIFY (expression、path、newValue) - JSON文字列のプロパティの値を更新し、更新されたJSON文字列を返します。

パラメーター

パラメーター詳細
表現通常、JSONテキストを含む変数または列の名前。
パス更新するプロパティーを指定するJSONパス式。パスには次の構文があります:[append] [lax |厳密] $。<jsonパス>
jsonExpression JSONテキストを含むUnicode文字式です。

備考

OPENJSON関数は、互換性レベル130でのみ使用できます。データベースの互換性レベルが130より低い場合、SQL ServerはOPENJSON関数を見つけて実行できません。現在、すべてのAzure SQLデータベースはデフォルトで120に設定されています。次のコマンドを使用して、データベースの互換性レベルを変更できます。

ALTER DATABASE <Database-Name-Here> SET COMPATIBILITY_LEVEL = 130

SQL ServerのJSON 関連する例